★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK16 > 687.html
 ★阿修羅♪
【ビジネス】米から見る靖国参拝 上杉 隆(ジャーナリスト)
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/687.html
投稿者 ドキッ!プロ奴隷だらけの水泳大会 日時 2005 年 11 月 05 日 17:24:53: hSNyXCkDoAhxY
 

http://www.be.asahi.com/20051105/W12/20051031TBEH0007A.html

 小泉純一郎首相が靖国神社を参拝した10月17日、私はワシントンDCを訪れていた。過去4回の時と同じように、参拝直後、中国、韓国などからは強い反発の声が上がった。だがそれはアジア諸国だけの声ではない。米国でも、小泉首相の度重なる靖国参拝には否定的な見方が多い。

 翌日のワシントン・ポストは、〈小泉の靖国参拝がまたアジア諸国を怒らせた〉という見出しを掲げ、〈危険なことは、首相の参拝によって、日本が東アジアの中でどんどん孤立していくことだ〉という学者の言葉で記事を結んでいる。

 だが、実は、報道を検証するまでもなく、米国の態度は、ワシントンの国立スミソニアン博物館を訪問すれば一目瞭然(りょうぜん)である。

 米国歴史博物館の戦争コーナーの一角で、1組の米国人夫婦が立ち止まっていた。腕組みをして、にらみつけるように見つめる先には、第2次世界大戦における敗戦国(日本、ドイツ、イタリア)側の「独裁者」の顔の大写し。ヒトラー、ムソリーニ、そして、東條英機――。

 戦後の講和条約等で「戦犯」と認定された3人を断罪する展示パネルにまったく差はない。私たち日本人にすれば、ヒトラーと東條元首相の扱いが同じであることが驚きだ。だが、先月末来日した米政府高官によれば、米国では、ヒトラーもムソリーニも、トージョー(東條)も、等しく「独裁者」、同じ「戦犯」だ。

 その東條元首相が合祀(ごうし)されている以上、東京裁判の是非は別として、小泉首相の靖国参拝に賛同の意を示す国はまずないだろう。トージョーがヒトラーと同じ扱いである以上、小泉首相の参拝は、乱暴かもしれないが、メルケル独首相がヒトラーの墓参りに行くことと一緒なのではないか。少なくとも17日、スミソニアンにいた米国人夫婦は、そう感じているだろう。

 国内で戦犯の合祀(ごうし)の準備が始まったのは1956年。59年にはB、C戦犯を合祀。78年には、東條元首相を含むA級戦犯の合祀も実現した。それ以降、日本外交が靖国問題という弱点を抱えた。それまでは、51年の吉田茂内閣全閣僚・衆参両院議長の公式参拝に始まって、翌年以降、昭和天皇、皇后そろっての計3回の行幸啓など、日本は戦後、堂々と国家の英霊への参拝を行ってきた。

 政治、外交、戦争、すべては結果で判断される。国家として、サンフランシスコ講和条約で屈した以上、14人のA級戦犯の合祀は国際的な理屈に合わない。広田弘毅元首相ら外交官出身の文官などが交ざっていたとしても、だ。

 東條元首相の遺骨は太平洋に撒(ま)かれ、靖国神社にはない。書類一枚でA級戦犯を合祀したのだから、分祀も難しいことではないはずだ。小泉首相は、靖国神社参拝の意義を、世界に説明できないでいる。同盟国(米国)の国立博物館の展示パネルすら変更できない以上、日本が変わるしかないのだろう。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK16掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。