★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK16 > 741.html
 ★阿修羅♪
諸国民の公正と信義に信頼して(chakaのチャンネル)
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/741.html
投稿者 七瀬たびたび 日時 2005 年 11 月 07 日 09:05:59: bo2NmpzpRHGO6
 

http://ch.kitaguni.tv/u/11162/%b1%d1%b8%ec/%b8%ec%b3%d8/%a4%bd%a4%ce%c2%be%bd%f4%a1%b9/0000286297.html

 憲法の前文に、日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持しようと決意した。とあります。日本外交の基本となる根本理念がここにあります。さて、この文言の主語に注目する必要があります。それは、憲法では、あくまでも、日本国民が、主体であって、日本国でも、日本政府でもないのです。それは、主権というものが、国民にあるからです。では、他国に対してはどうでしょう。これも、諸国民の・・・とあるように、国でも政府でもないのです。憲法の前文を見る限り、日本国民が他の国のくにたみである個々人を信頼して日本の国造りをするというのが原則になっております。

 さて、私が、憲法というときは、いまのところは、憲法の前文を対象にしております。これは、私の、怠慢に対する、深い反省の念から来ております。学生時代からそうでしたが、憲法といえば、戦争放棄の九条がすぐ浮かんで来て、常に、憲法と戦争放棄が連動しているという有様でした。勿論、主権在民のことも、耳にたこが出来るほど聞かされ、国民主権というものが大変有り難いものであるという認識はありましたが、それが、憲法の前文にこれほど克明に記され、これが、憲法をはじめ、諸法律、政令、規則、規制の根本をなしているとは、今回のことがなければ全く知りませんでした。このことは、お恥ずかしいかぎりです。今の私は、こうした反省を含めまして、憲法の前文を何度も、何度も読み返しておりますが、読めば読むほど、この前文に日本国民としての私がなすべきことが、克明に記されていることが理解出来るようになりました。

 特に、すべての重要な主語が、日本国民はで始まっており、如何に、憲法が、日本人一人一人に由来する、国政を行う権利である主権を重んじているかがよく分かり、その重さが直に伝わって参ります。私は、この日本国民を私に置き換えて前文を読むことにしています。すると、憲法が、私に何を要求しているかが伝わってまいります。確かに、主権というものが、ずっしりと私の肩に乗っかっており決してこれを奪われてはならないという思いが、強く、強く感じられて参ります。戦争という本当に忌まわしい経験を致しましたが、今は、このように私が重んじられている、認められている、期待されているのかと思うと本当に嬉しさがこみ上げてまいります。

 この感じは、今まで私が経験したことのないもので御座います。それは、何故なのかを改めて考えました。思いつきましたのは、このように、憲法の前文では、確かに、日本国民の一人である私は、主語になってはいますが、実際の国政である政治では、決して、私は主語にはなっていないということです。実際は、なってはならないものが、この国では主語に収まっていて、私は、まるでゴミのような扱いをされている言っても過言ではないでしょう。

 特に、外交では、外務省が中心となっていて、自分などは、全く関係ない状態に置かれています。しかし、上に見ましたように、日本外交の基本は、日本政府ではない、日本国ではない、外交官ではない、日本国民、すなわち、私が、他国の政府ではない、国ではない、外交官ではない、その国個々人の公正と信義に信頼することを土台にしなければならないと前文は明記しております。しかも、それは、理想であることを承知の上で要求しております。ここに小泉首相の靖国参拝を止めさせる理由があります。それは、こうした、個々の国民間の信頼関係を損ない、土台を揺るがすからです。もし、首相自身が、個人として参拝したければ、首相を止めれば済むのです。なぜなら、そうすることが、土台である首相ではなく、日本国民が、中国や韓国の国民との間に築く信頼を損ねるから、こうした行為をする首相は、憲法上は、不用となるからです。このように、憲法の前文に照らし合わせると、日本の現政府のしていることが、いかに憲法に違反しているかがわかります。

 外交面で言えば、外交官はすべて、外交官試験の結果採用された者が殆どです。果たして、これらの人は、この憲法に定められた、国民と国民の間の信頼を下に、あるいは、信頼を築く努力をしながら外交を進めているでしょうか。たとえば、埒問題で。これは、疑問です。相手は、一般国民ではなく、外交官、政府関係者で、必ずしも他国の諸国民の意思や考えを反映したものとはいえません。しかし、憲法のもとでは、相手の政府ではなく、一般国民の公正と信義を信頼することが基本であり、それに基づかないものは、厳密に言えば、憲法に違背することになります。相手国には、政府があり、必ずしも、日本のように国民主権では有りません。

 例えば、北朝鮮や中国の場合のように, 共産主義、社会主義と主義や制度が違い、戦争の関係で言えば、日本のような、侵略国と被害国というように。もちろん、これには、その国の国民も含まれますが、こうした違いがある場合でも、あくまでも、外交の軸は、両国の国民の信頼関係に置かなければならないといいます。従って、日米軍事協定は、そのものが、憲法に違背していることになります。日本は、憲法にこのような規定がある限り、たとえそれが、理想のように思えても、政府ではなく、個々の国民を信頼する外交を行うことが義務付けられていることを忘れてはならないはずです。たとえ、主義、主張の違いから相手国の政府や外交官を信用できなくても、相手国の国民を信頼し、その上に外交の基を置く。このように憲法に従った外交においては、相手国の個々の国民の信頼をかち得ると信じて、外交や政治をすることが、要求されているということなのです。民間外交、人的交流は、補助的ではなく、中心におかれねばならないのです。このように考えると、如何に、小泉現政府が憲法無視の政府であるか明らかであり、このままの状態を、続けるならば、憲法は、退陣を要請することは明らかです。

 憲法下にある日本国民として要求されていることは、如何に、韓国、中国、北朝鮮等で反日運動が行なわれても、あくまでも、相手国民の個々人の公正と信義を信頼するよう努力することであって、軍隊を持って対抗したり、威嚇したり、挑発したりするのは、憲法に定める主権者の行為でないことを知らねばなりません。軍隊がないため、たとえ弱腰外交と呼ばれ馬鹿にされても、他国民の一部が相手政府の煽動、挑発、洗脳の結果、激しい敵対心をむきだしにしても、憲法の前文は、政府ではない,国でない平和を愛する国民の公正と信義に信頼を置いた国民主体の外交を要求します。

 政府関係者や職業外交官の素人に何が分るという声がガンガン聞こえてきます。しかし、あなた方が主人公ではないといいたい。日本国民は、先の戦争で国外ばかりでなく、自国にまで多大な被害を引き起こし、何百万もの人を殺す結果に終わった。あの戦争は、鬼畜米英やジャップなどの言葉が示すように、結局は、相手を馬鹿にし、ののしったり、憎むことに原因があり、その大半が、国民ではなく、国や政府の煽動や虚言、騙し、脅かし、拷問にあることを国民は知ったのです。

 その経験から、日本が二度と相手国の主権を侵し、侵略することなく、平和な生活を築くには、その軸を国ではなく、政府ではなく、平和を愛するであろう一人、一人の国民の信頼に置くしかないと、おびただしく流された血の前になすすべもなく呆然と立ち尽くす中、血を吐く思いで知るに至ったに違い有りません。憲法の前文はそのように私に告げます。そのためには、先ず自らが、主権を国民に与え、自国民を信頼することによって国造りする決意を固めたのが、国民主権という形として憲法の核を構成した、と私には確信をもっていえます。決して、押し付けられたものではない。他国に要求する前に、何よりも先ず、日本国民が信頼されるものとなる。それが、いずれは、世界の平和につながる。これが、日本憲法の基本理念であり、これに違背するものは、即刻排除しなければ、日本は世界の孤児となり、破滅の道を歩むことになることを憲法は憂慮しています。

 従って、憲法の下では、靖国に参拝したり、軍港に原爆空母を配備させたり、米国に基地を提供したり、国民が相手の国民をののしったりなど・・・これに反する言動は、たとえ、言論の自由があるといっても、信仰の自由があるといっても、日本国民としては、許されてはならないのです。こうした言動は勿論自由。しかし、それは、日本国民の一員としてではなく、あくまでも、日本人ではない、個人のものとして区別されなければなりません。このように、憲法を、心をこめて遵守し、各個人が主権者としての自覚を持って行動する時、政府は、今の政府では、到底いることができなくなる筈です。日本の憲法には、それだけの保証があり、憲法の前文に照らしますと、いままでの自民党政権やそれに連なる外交官をはじめとする官僚は、かれらは、否定するでしょうが、こうした憲法の保証する国民の主権者としての権利と誇りを如何に無視し、踏みにじってきたかはあきらかであります。彼等が憲法を遵守しない限り、日本国民は、排除すべきです。これは護憲ではない。不法のやからの排除です。彼等は、もはや、害毒でしかない。と憲法はいいます。

 現憲法に従うことは、われわれ日本国民の自由と平等を保障します。
また、他国とは、好戦的な政府ではない、平和を愛する諸国民を信頼し、日本国民の安全と生存が保持されることを憲法は、期待しております。これが、日本憲法の真髄であり、主権在民は、この憲法の土台であります。

 以上が、怠慢だった私が、憲法の前文を読み返してみて初めて分かったことなのです。本当に、恥ずかしい、こっぱずかしい・・・・・・

投稿者:chaka at 23:18

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK16掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。