★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK16 > 767.html
 ★阿修羅♪
三笠宮寛仁様ご指摘の通り。「女性天皇容認」のユダヤ工作員国賊小泉の諮問は、「日本国解体」「天皇制廃止」の為の仕掛けの謀略
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/767.html
投稿者 救国の草莽の志士 日時 2005 年 11 月 07 日 18:21:56: fzrYJ5Wj4Dt36
 

(回答先: 皇室典範改正案 通常国会提出慎重論も 寛仁さま「発言」波紋広がり [産経新聞] 投稿者 white 日時 2005 年 11 月 07 日 12:33:16)

三笠宮寛仁様ご指摘の通り。「女性天皇容認」のユダヤ工作員国賊小泉の諮問は、「日本国解体」「天皇制廃止」の為の仕掛けの謀略  (再掲載)

http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/610.html

投稿者 救国の草莽の志士 日時 2005 年 11 月 03 日 21:44:46: fzrYJ5Wj4Dt36

(回答先: 三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー (読売新聞) 投稿者 彗星 日時 2005 年 11 月 03 日 05:03:12)

「愛子」なる「女子」を唯一の天皇の後継として「女性天皇」に擁立する為に、皇室典範を「女性天皇容認」の方向で変えようとする試みは、長い歴史を誇る日本の皇室を解体しようとするユダヤ・シオニストの試みである。ユダヤ・シオニストの手先・エージェントの小泉に与えられた命令とは、日本国民に気付かれない350兆円の郵便貯金・簡易保険の日本国民の預金の詐取・強奪してユダヤ国際金融財閥・米国政府に移転することと、「天皇制の解体と日本国家の解体」に向けて国策を遂行することであった。

既に、天皇制は明治維新に際して、一方では英国フリーメーソンのジャーディ・マセソン商会の長崎駐在グラバーに薩長勢力に軍艦・最新式武器スペンサー銃やゲベール銃を供給させて、倒幕勢力を育てながら、他方、慶応2年12月25日に攘夷佐幕で凝り固まっていて手を焼いていた孝明天皇を暗殺する為に、英国駆逐艦で大阪湾に刺客になった若き伊藤博文を送り込み、天然痘が快方に向かったので久しぶりに愛人だった岩倉具視妹の堀川紀子邸に夜這いに行った孝明天皇が用をたそうと厠に入った際に、厠の下に隠れていて槍か刀で刺し殺した天皇暗殺を実行させている。著名な歴史作家の南原幹雄の曽祖父は、御殿医だったのだが当日突然呼び出され絶命した孝明天皇を診察した。その事実を詳細に記録した日記が残されている。その子の睦仁親王も翌年1月の天皇即位後半年後に暗殺され、遺体はぐるぐる巻きに布に巻かれて、実家の中山家に送り返された。その後、数か月間空位であったが、鳥羽伏見の戦いで官軍が勝利した直後、奇兵隊隊士(第2奇兵隊と呼ばれた伊藤博文隊長の力士隊隊士)大室寅之祐が睦仁天皇に成り代わって、すりかえられた睦仁天皇ということで、密かに明治天皇になったのが本当の明治維新史である。だから、明治・大正・昭和・平成の4代の近代天皇制とは、明治維新で王朝の交代があった「大室天皇王朝」であるのだから、この血統は長い歴史の正統なる天皇制の男系男子の血統を受け継いでいるとは言い難い。

こうした出身地の山口県田布施では古老が「奇兵隊天皇」と呼ぶ4代続いた「大室天皇の王朝」は、日本歴史の誇る万世一系の天皇神話には程遠いのが真相で、それを元力士隊上司の伊藤博文が自分の天皇殺しの極悪犯罪を糊塗するために明治憲法を制定して、不敬罪で事実追求と批判を封じたというに過ぎない。そのような経過で生まれた天皇ではあるが、その残滓さえも根絶やしにしようと天皇制の破壊の試みが、彼らの手先の小泉によって「女性天皇」擁立工作が現在謀られているのである。

 

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK16掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。