★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK16 > 816.html
 ★阿修羅♪
皇位継承「長子優先」案で調整、簡明さなど重視 [読売新聞]
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/816.html
投稿者 あっしら 日時 2005 年 11 月 09 日 01:07:02: Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 「長子優先」大勢も、結論持ち越す 有識者会議 [毎日新聞] 投稿者 white 日時 2005 年 11 月 07 日 22:53:14)


 小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は7日、第15回の会合を開き、月内の報告書とりまとめに向けた議論を行った。

 残された最大の論点である皇位継承順位については、男女を問わず、出生順に継承順位が決まる「長子優先」案で調整することになった。

 この日の会合では、吉川座長が女性・女系天皇の容認などを内容とする報告書の原案を示した。皇位継承順位をめぐっては、長子優先案と、女子の後に弟が生まれた場合、弟を優先する「兄弟姉妹間での男子優先」案の二つが検討された。

 関係者によると、長子優先案について、「分かりやすく、順位が早く定まる」という長所を挙げる声が多かった。皇位継承資格を男系男子に限った現行制度とは大きくかけ離れることについても「おおかたの国民の理解は得られる」との意見が大勢だったという。

 会合終了後、吉川座長は記者団に、「皇位継承順位について結論は出ていないが、(意見は)集約の方向に向かっている」と述べた。三笠宮寛仁さまが、自身が会長を務める福祉団体の会報で女性・女系天皇の容認に疑問を投げかけたことに関しては、「それによってどうということはない」と述べ、有識者会議の議論に影響しないとの考えを示した。

 皇族の範囲に関しては、有識者会議は、女性皇族が結婚後に皇籍を離脱する現行制度を改め、結婚後も皇族にとどまり、宮家の創設を認める方向で調整している。

 有識者会議は月内にもう一度、会合を開いて報告書をまとめ、小泉首相に提出する。首相は7日夕、記者団に、来年の通常国会に皇室典範の改正案を提出する方向で準備を進めていることを明らかにした。

(2005年11月8日3時0分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20051108it01.htm

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK16掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。