★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK16 > 837.html
 ★阿修羅♪
記者の目:米軍再編から安保を問う 松藤幸之輔 [毎日新聞]
http://www.asyura2.com/0510/senkyo16/msg/837.html
投稿者 あっしら 日時 2005 年 11 月 09 日 04:01:35: Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 米軍再編で深まる日本の「属国」化  第1軍団司令部も原子力空母も来るな 【SENKI】 投稿者 愚民党 日時 2005 年 11 月 09 日 01:47:40)


 在日米軍再編協議で、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先をキャンプ・シュワブ(同県名護市)沿岸部に変更し、一部部隊や訓練の国外、県外移設などを盛り込んだ中間報告。沖縄にとって「苦渋の選択」だった名護市辺野古沖に移設する現行計画を無断で変え、日米同盟強化を優先させた内実は「本土の沖縄化」だ。国は最終報告にむけて経済振興策などの“アメ”や特別措置法という“ムチ”をちらつかせて移設候補地を説得するとみられる。米軍の拡散と自衛隊との連携強化の具体案が出た今、沖縄の基地問題を問いたい。「まだ、日米安保があるから仕方がないといい続けますか」と。

 9月までの那覇支局在任中、米軍基地の過重な負担にあえぐ現実を記事にしたり本土の人たちに話すと、決まって返ってくるのが「安保があるから仕方ない」だった。そのたび「実際に見ればわかる」と切り返したが、本土と沖縄の温度差は歴然としていた。

 私は「米国に守ってもらえる」という文脈で安保容認派。沖縄では、安保を意識せざるを得なかった。若い海兵隊員に「日本を守ることが、アメリカの国益になるなら、私は日本のために命をかけることができる」と聞かされたこともある。だから、米軍ヘリ墜落や米兵による事件に直面すると、県民に申し訳ない気分になったし、半面、黙っていても巨額の基地の地代が国から軍用地主に入るからくりも含めて、安保がもたらす沖縄の現実を本土に伝えたいと思っていた。

 中間報告には、二つの意味がある。一つは米兵による少女暴行事件以来、沖縄が苦渋の選択として受け入れた普天間飛行場を辺野古沖に移設する現行計画を、頭越しに変えて白紙化し、沖縄の怒りに再び火をつけたことだ。

 稲嶺恵一知事は、普天間のシュワブ沿岸部への移設を「絶対容認できない」とした。背景にあるのは、国との協調関係を踏まえて「海兵隊の県外移設」を県民の意思として代弁し、それができなければ「現行計画がベター」と主張し続けた知事を、再編協議が一顧だにしなかった事実だ。県民を分断してまで決めた現行計画の長いプロセスを無視した政府の振る舞いは、島津藩の侵略から明治政府による琉球処分、そして本土の捨て石とされた沖縄戦、米軍による占領統治に通じる「無視された」「ばかにされた」という沖縄の感情そのものに無神経に触れたのだ。

 「現行計画が進まない」が新たな計画策定の理由だが、こうした地元無視の拙速ともいうべきやり方が、米軍再編の目的が「沖縄の負担軽減」より「抑止力の維持」にあることを端的に示していると思う。

 その視点から、訓練などの本土移設を見ると、もう一つの意味「本土の沖縄化」が見えてくる。多くが自衛隊基地との統合や施設利用で、日米軍事連携強化の下地となる動き。これが小泉純一郎首相が昨秋、ぶち上げた「沖縄の負担を全国で」の正体だった。

 毎日新聞が10月31日に九州・山口で実施した100人アンケートによると、66人が「自分の街に米軍基地がくる」ことを拒んだ。わずか100人の回答で「世論」とまではいかないが、多くが「騒音や米兵による犯罪など、治安に不安がある」を理由にあげた。

 だが、本土移設案が出た以上「沖縄の問題」と看過はできない。宮崎県新富町や鹿児島県鹿屋市など、移設候補地となった自衛隊基地がある自治体では反対や戸惑いが広がっている。

 今後の焦点は「また県内移設だ」と反発する沖縄や本土の移設候補地の説得になる。まず出てくるのは新たな経済振興策などの“アメ”だ。次は現行計画の受け入れ条件で、沖縄本島北部に1000億円を投資する北部振興策の凍結をにおわせたり、本土の移設候補地を先に落として「本土はオーケーだ」と沖縄を説得するやり方も考えられる。

 それがダメなら、知事が持つ公有水面の使用認可権限を国に移す特別措置法の制定という“ムチ”が登場する。こうなると、沖縄では保革を問わず「反対」が爆発し、基地問題は解決の糸口さえ失いかねない。

 動かぬ基地を前に途方に暮れ、政治に裏切られ、札びらでほおをたたかれ、アメも求めた沖縄。中間報告は、自衛隊が有事においても米軍の後方支援を担うことを定義づけた。その意味で、日米同盟強化を名分に、沖縄が経験した現実が本土で起きない保証はない。

 「守ってもらう安保」から「参加させられる安保」へ。米軍再編の実像は、改めて安保に対する立場の再考を問いかけている。

毎日新聞 2005年11月9日 0時31分

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20051109k0000m070146000c.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK16掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。