★阿修羅♪ > 戦争75 > 528.html
 ★阿修羅♪
イラク西部では、継続する米軍の攻撃により、住民の選挙参加が困難になっている(赤旗)
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/528.html
投稿者 田中大也 日時 2005 年 10 月 14 日 10:46:09: wfVksbjV/Swxo
 

以下引用

イラク西部
米軍が攻撃を継続
「憲法投票は困難」と住民

--------------------------------------------------------------------------------

 【カイロ=小泉大介】イラク西部では、米軍の大規模な軍事攻撃のため十五日に行われる憲法国民投票への参加が困難になっています。

 住民から「われわれを排除するのか」と抗議の声があがっています。

 米軍は今月一日以降、カイムとハディサやその周辺で「武装勢力掃討」作戦を行いました。カイムへの攻撃は国際テロ組織アルカイダのメンバー約五十人を殺害して終了したと八日、発表しました。しかし、カイム総合病院の医師ムハンマド・ナジ氏(31)は十二日、本紙の電話取材に対し、「武装ヘリが民家の空爆を続けている」と証言しました。

 同病院にはこの十日間で、十八人の遺体と二十人の負傷者が運び込まれ、すべてが女性や子どもを含む民間人でした。これは死傷者のごく一部で、米軍が救急車まで爆撃するため、多くはがれきの下や路上に放置されたままだといいます。

 「多数の武装勢力を殺害したなどうそだ。米軍は民間人の死傷者を病院に運ぶことすら妨害している」とナジ氏は怒り、次のように語りました。

 「住民のなかで、憲法草案の中身や投票の方法を知っている者はほとんどいない。米軍の攻撃は、われわれを国民投票から排除することを狙ったものだ。ブッシュ米大統領はイラクの民主主義について語っているが、戦車でもたらされる民主主義とは何なのか。民主主義は話し合いの中からしか生まれない」

 攻撃にさらされている住民の圧倒的多数は、憲法草案反対が多いイスラム教スンニ派教徒です。

 カイムは現在、周辺の町との交通が遮断され、「陸の孤島」。援助物資を受け取ることも不可能です。電気や水道も破壊され、病院は自家発電で持ちこたえているといいます。

 カタールの衛星テレビ・アルジャジーラは十一日、米軍がラマディの市場を爆撃、三人が死亡、十三人が負傷し、攻撃は学校やモスク(イスラム教礼拝所)にもおよんでいると伝えました。

 同テレビによると、ハディサでは米軍が武装勢力支援の疑いで病院の医師を六日間にわたって監禁するなど、徹底して住民を拘束しています。

 西部一帯では爆撃でユーフラテス川にかかる橋のうち十三が破壊されたため、多くの町が孤立し、住民が食料や水も手に入らない危機的な状態にあります。

引用ここまで URL http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-10-14/2005101406_01_3.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 戦争75掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。