★阿修羅♪ > 戦争75 > 616.html
 ★阿修羅♪
天木直人・メディアを創る ( 10/17) 弁護士、芝昭彦氏に乾杯
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/616.html
投稿者 天木ファン 日時 2005 年 10 月 17 日 17:46:29: 2nLReFHhGZ7P6
 

10月17日―メディアを創る(2)

 弁護士、芝昭彦氏に乾杯

 10月16日の読売新聞に感動的な記事を見つけた。この記事を書いた竹原興という記者に敬意を表したい。
 その記事は元キャリア警察官僚であった芝昭彦氏(38)という若者の生き方についてである。そのあらすじはこうだ。
・・・ 芝が神奈川県警外事課長の立場にあった1996年12月、部下であった某警部補が覚せい剤を使っていたことを知った。しかし「事件にする必要はない」という県警本部長の一言でもみ消し工作が始まった。警察組織において上司の命令は絶対である。そんな考えに染まりきっていた芝は、事態の成り行きをただ見守るだけであった。本部長が「女性問題を理由に(その警部補を)退職させろ」と指示するのを耳にしても、注射器など証拠品の隠滅に部下たちがかかわったという報告を受けても、「不祥事はこうやって処理するものか」と無批判に受け止めた。
 それから3年後の1999年11月4日、この事件が発覚した。覚せい剤使用の警部補が逮捕された。警察庁外事課課長補佐に昇格していた芝は事情聴取を受け、10日後に犯人隠匿容疑で書類送検された。「ああ、あの時、せめて警察庁の先輩に相談でもしていれば・・・」そう悔やんでも今更せんないことだと気持ちをかき消す。悶々と過ごすうちに横浜地検の処分が決まった。「積極的な関与ではなかった」として芝は起訴猶予となった。「ひよっとして救ってもらえるのではないか」。しかし処分が出た直後、芝は警察庁幹部から「辞めてくれ」と告げられる・・・
  91年に東大法学部を卒業して警察庁に入庁。同期の中でただ一人選ばれる警察大学校助教授にも指名された。「将来は警察組織の中枢を担ったはずの逸材だった」とかつての上司は語る。それが突然の転落。一度転落した自分が志を貫ける職業は何か。そう考えた時、警察官と同じように社会の不正と向かい合い、しかし組織には縛られない弁護士以外の選択肢は思い浮かばなかった。警察庁を追われた直後に結婚した妻に支えられ、3度目の挑戦で司法試験に合格。
 「自分が同じ立場だったら、やはり上司には逆らえなかった」。警察庁時代の同僚や民間企業に勤める友人から、何度か同じ言葉で慰められた。警察庁を辞めた後も腐らずにいられたのは、彼らのおかげだと思う。同時に、自分が陥った思考停止が、「仕方のないことだ」、と同情される風土こそが、これから一生かけて闘うべき相手なのだと思う。弁護士になって一年、ある大手企業から会計処理の不正に関する内部調査を任された。「社員の命運は経営陣の判断に委ねられている。経営陣が過ちを繰り返さないよう、真実を明らかにする責任が我々にはあるはずだ」、「組織には過ちはつきものだが、それを隠そうとするところから問題は拡大する。事実をオープンにすることが再生の第一歩だ」、自分の経験から、そう訴え続けていこうと心に決める芝である・・・。
  こういう官僚もいたのかと思いをあらたにした。しかし「バレなければ問題ない」と悪事を隠し続けて恥じることのない官僚が如何に多い事か。芝のような貧乏くじを引く官僚は、所詮官僚失格ということなのだ。黒を白と強弁して恬として恥じない厚顔な官僚が、国家権力を独占してこの国を動かしているのだ。腹が立つというより、暗澹たる思いである。

 政府とは、たかだか一つの方便にすぎない

  イラク反戦の母シンディ・シーハンさん(48)は、「私の息子は2004年、違法な戦争で殺された。だから私は2004年分の税金を払わない」と納税拒否宣言をしたと報じられた。その時、彼女が言及したのが米国の詩人ヘンリー・ソロー(1817−62)であるという。
  このヘンリー・ソローの政治権力に対する抵抗ぶりを、10月17日朝日新聞コラム「時の墓碑銘」でコラムニスト小池民男がつぎのように書いている。
「・・・19世紀半ばの米マサチューセッツ州でのこと。人頭税の支払いを拒否していたソローは保安官サムに催促された。「困っているなら立て替えておこうか」とも言われたが、原理原則の問題だからと言って、断った。サムが「わしはどうすればいいんだ」と尋ねると、ソローは「保安官をやめたらいい」と答えた。
  ソローが納税を拒否したのは、奴隷制への批判のほか、当時から「侵略戦争」と悪名高いメキシコ戦争への反対からだった・・・「まったく統治しない政府が最良の政府」というのがソローの信念だった。「政府とはたかだか、一つの方便にすぎない。ところがたいていの政府は不便なものと決まっている」。メキシコ戦争も人民の意思を無視した少数が政府を道具として利用して始めた戦争だ、と見ていた。
・・・政府を廃止せよというのではない。せめて余計なことをしないもっとましな政府にしようという。そして政府の無能や暴虐が耐え難い場合には「政府への忠誠を拒否し、抵抗する権利」を唱えた。後にガンジーやキング牧師の運動の支えになった思想である・・・」
  そして小池はこう締めくくっている。「・・・エコロジストの祖としての評価も高いソローは、しかし、ただの隠遁者ではなく、生活をぎりぎりきりつめ、追い込んで、人生とは何かを考えようとした。強く生き、人生の精髄をしゃぶりつくすと。世捨て人の政治忌避ではなく、見事な生活者の思想だったからこそ力があった。
   彼の詩に印象的な一節がある
  − 僕の人生は、僕の書きたい詩だった −  」


  自衛隊はどうなっているのか

 自衛隊員の間でのいじめや不祥事についてはこれまでもたびたび報じられてきた。しかしここにきて薬物所持や使用の事件が相次いでいることは看過できない。それにも係わらず自衛隊に対する批判や、自衛隊内部にメスを入れようとする声は国民の間から起きてこないし、そのような報道も見当たらない。自衛隊は我々一般市民と関係のない特殊な存在であり、防衛庁に任せておけばよいといわんばかりだ。そして報じられるのは国際貢献にますますその役割が求められている自衛隊の姿ばかりである。
しかし家族を含めれば100万人にも及ぶ大所帯の自己完結的な集団である。膨大な国家予算を使っている上に、一歩間違えばクーデターでも容易に起こせる破壊的軍事力を保有する組織である。納税者である我々はもっと自衛隊の内情を知る必要はないのか。自衛隊の質を監視する必要はないのか。それは政権の近くにいて政治的な言動を主任務とする防衛官僚や幹部自衛官の事ではない。防衛庁が宣伝してかき集めている一般自衛官の実態のことである。
 10月15日の日経新聞に見逃す事のできない記述を見つけた。広がる薬物事件の再発防止に尿検査を強化すべきではないかという防衛庁内の声に対し、おなじく防衛庁なかで「隊内の信頼関係が崩れる」と言って反対する声があり踏み切れないでいるという。
 ある陸自幹部の次の言葉が日経新聞の記事に紹介されている。
「・・・隊員が危険な任務に従事できるのは上司との間に信頼関係があるから。尿検査を強化すると、隊内に不信感が広まり、任務に支障が生じかねない」
 なんという甘ったれた考えである事か。麻薬が国民を滅ぼす元凶であることは誰もが認識している。だからこそ麻薬の栽培、所持、使用は許されざる犯罪である。しかるに自衛隊内部でここまで広く、深く汚染している懸念があるのに、何が「隊員間の信頼関係が崩れる」かだ。幹部そのものが甘ったれているのだ。自衛隊が軍隊に位置づけられようとしている中にあって、考えさせられる。


http://amaki.cc/bn/Fx.exe?Parm=ns0040!NSColumnT&Init=CALL&SYSKEY=0129


* 10月17日―メディアを創る(1)→「政治版」:
天木直人・メディアを創る ( 10/17) 行けるものなら行って見ろ
http://www.asyura2.com/0510/senkyo15/msg/729.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 戦争75掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。