★阿修羅♪ > 戦争76 > 787.html
 ★阿修羅♪
Re: IAEAに平和賞授与 「核の番人」の努力後押し (中国新聞) 
http://www.asyura2.com/0510/war76/msg/787.html
投稿者 ロエンヒ 日時 2005 年 12 月 11 日 07:37:28: oeA7laveFLvrs
 

(回答先: ノーベル平和賞授賞式、IAEA事務局長が核廃絶呼びかけ(nikkei) 「核兵器の存在は意味がない」 投稿者 ロエンヒ 日時 2005 年 12 月 11 日 07:33:17)

中国新聞 http://www.chugoku-np.co.jp/

IAEAに平和賞授与 「核の番人」の努力後押し '05/12/11
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200512110019.html
 【オスロ10日共同=八谷敏弘】国際原子力機関(IAEA、本部ウィーン)とムハンマド・エルバラダイ事務局長(63)へのノーベル平和賞の授賞式が十日、ノルウェーのオスロ市庁舎で開かれ、メダルと賞金一千万クローナ(約一億五千万円)が贈られた。

 広島と長崎への原爆投下から六十年。北朝鮮やイランの核開発問題など核の脅威が高まる中、核不拡散への努力を続ける「核の番人」IAEAにとって強力な後押しとなる。エルバラダイ氏は演説で、兵器に転用できる核物質の管理強化や核軍縮が必要だと指摘。「核の闇市場が出現し核兵器や核技術が拡散、核軍縮は停滞している」と述べた。

 ノルウェー・ノーベル賞委員会のウーレ・ダンボルト・ミエス委員長も「核拡散防止条約(NPT)の下での義務を深刻に受け止めるべきだ」とし、米国などの消極的な核軍縮姿勢を批判。「広島、長崎への原爆投下後、世界は悲劇を二度と繰り返してはならないとの思いを共有した」と表明した。

 委員長はさらに「日本原水爆被害者団体協議会(の活動)をたたえる」と述べ、広島、長崎の被爆者に敬意を表した。

 授賞式にはIAEAを代表して理事会議長の天野之弥駐ウィーン国際機関代表部大使が出席した。国連機関の平和賞受賞は、二○○一年の国連とアナン事務総長以来。

 賞金はIAEAとエルバラダイ氏で等分され、IAEAは発展途上国の人材育成のための特別基金を設立。エルバラダイ氏は母国エジプトでの孤児支援活動に充てる。

 事務局長はエジプトの外交官出身。国連本部駐在のIAEA事務局長代理などを経て、一九九七年十二月から現職。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 戦争76掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。