★阿修羅♪ > アジア5 > 105.html
 ★阿修羅♪
敗戦後に国共内戦で国府軍側で戦った日本軍将兵
http://www.asyura2.com/0601/asia5/msg/105.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 6 月 06 日 22:40:13: CjMHiEP28ibKM
 

(回答先: 【中国】「戦後も戦った日本兵」を描いたドキュメンタリー(Yahoo!ニュース) 投稿者 gataro 日時 2006 年 6 月 06 日 21:58:51)

敗戦後に国共内戦で国府軍側で戦った日本軍将兵

----------------------------------------------------------
http://www.asahi-net.or.jp/~KU3N-KYM/tyousa02/tushu3.htm
反日アミューズメント(中国人民抗日戦争記念館)
[中略]
(昭和20年)8月10日、八路軍総司令の朱徳は日本軍の武装を解除し、共産側に渡させるよう(大反攻)命令を出した。
それに対して蒋介石は「怨を以て怨に報いてはならない」との有名な声明を出した。日本軍の力を温存し中共党軍の跳梁に歯止めをかけたい意図であった。
とくに北支は国民党軍が進出するまでに時間がかかり、それまでの治安維持を日本軍に代行させる必要があった。
敗戦国日本に対する対応の違いが両党の対立の一要因となった。
国府軍への投降・武器引き渡しを約束した日本軍将兵は、国共内戦にまで巻き込まれ、終戦後も戦闘を続けた。
なかには日本兵力を増加したところまであった。

昭和21年7月、国府軍優勢で本格的な国共内戦が始まった。
山西省では日本への復員を嫌った多くの日本軍将兵が閻錫山軍に参加、四年間も共産軍と戦った。

結局、昭和24年10月1日全土を傘下に収めた中共党は中華人民共和国の建国を宣言した。
同年12月10日、蒋介石は台湾に脱出。
[後略]
----------------------------------------------------------

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > アジア5掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。