★阿修羅♪ > 議論24 > 716.html
 ★阿修羅♪
Re:政府は爆弾存在を認めたという認識にかわりなし。ただ あえて意図的に狡猾な書き方をしている印象は拭えない。
http://www.asyura2.com/0601/dispute24/msg/716.html
投稿者 夢の中でランデブー 日時 2006 年 11 月 24 日 19:47:51: g.74HMK5rhQXg
 

(回答先: 大統領本人か報道官あたりに尋ねるのが一番だと思いますが 投稿者 i^i 日時 2006 年 11 月 23 日 03:13:51)

休日は,コンピュータを開けないで、目や頭を休ませています。

さてi^iさん、本当にいろいろとご検討ありがとうございました。あまり深夜まで無理をされるとからだに毒ですので,ご養生ください。

以下が私のレスです。

i^iさんの発言ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ネイティブの人たちの解釈が間違っていると断言できるような英語力がある
わけではありませんが、この会見がWTCの爆発物を暴露したと解釈することが
無理な理由は複数あります。
この会見の目的は、「テロとの戦い(the war on terror)」に勝利するための
(具体的に何かは知りませんが)新たな法案に対して、国民の理解を求める
ためで、その利点が段落5
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2006/09/20060915-2.html

> There are two vital pieces of legislation in Congress
...
以降で述べられています。

段落6を飛ばして、段落7から10までは将来のテロを防止するのに役立つという
利点の話で、問題の段落8以降でいくつかの例が挙げられていますが、ここで
(公式には防げなかったとされる)過去の9/11のWTCを取り上げて、しかも
これまでの公式報告書に全く載ってなく、大騒ぎになることが必至なWTCの
爆発物という新事実を発表する必然性が考えられません。
しかもいったんWTCでの爆発物の存在を認めてしまったら、上層階だけでなく、
下方の地下までの至る所での爆発について多数の証言があるので収集がつか
なくなるでしょう。
(状況的な理由)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私:

政府が見解や情報の組成を時間とともに変えていくことはよくあることです。そのズラしぶりを報道機関が取り上げるか否かは別個の問題です。
例えば,ラムズフェルド国防長官は2004年の12月、911の93便は打たれて墜落した(shot down)と発言しています。これは,ペンシルバニアに墜落したと公式報告書に記載されている話が変わってきています。しかし,マスメディアがこのことで騒いだという事実はまったくありません。


http://www.youtube.com/watch?v=k0v0_HDwg84&mode=related&search

後述しますが,主要報道機関は、政府の911の説明に対し、一度もその矛盾を突く質問をぶつけたことはありません。すべてを無批判に受け流しています。公式説明に半価があっところでその態度は変わらないとしても、違和感はありません。

主要報道機関においては、911について政府のいうことをすべて唯々諾々と拝聴しているにすぎません。政府公式説明には無数の、それこそmillionsの矛盾があることは理性に基づく,合理的思考をもつ市民には明らかであるにもかかわらず、です。


i^iさんの発言ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実際に、段落7
> The bill would also provide clear rules for our personnel involved
in detaining and questioning captured terrorists.
> The information that the Central Intelligence Agency has obtained by
questioning men like Khalid Sheikh Mohammed has provided valuable
information and has helped disrupt terrorist plots, including strikes
within the United States.


の2番目の文で「テロリストの陰謀を潰す(disrupt terrorist plots)」とある
ので、これは9/11の後で防止できたテロ攻撃の話であって、次の段落8以降が
その例「example」なので、当然9/11のWTCの話ではありません。
(文章構成上の理由)

段落8
> For example, Khalid Sheikh Mohammed described the design of planned
attacks of buildings inside the U.S. and how operatives were directed
to carry them out.
> That is valuable information for those of us who have the
responsibility to protect the American people.
> He told us the operatives had been instructed to ensure that the
explosives went off at a high -- a point that was high enough to
prevent people trapped above from escaping.

もし、1番目の文で「the design of planned attacks of buildings」が9/11
(や聞き手にも共通了解されている特定の攻撃)を指しているとすると、
「planned attacks」「buildings」「operatives」にも定冠詞が必要だろうし、
場所を広く「inside the US」とするのも不自然です。
(語法上の理由)
だから「the design」のtheは「唯一無二の」ではなく、ただof以下の限定を
受けるためであり(自信なし)、複数形になっていないのは、共通な同種の
手法を複数のビルに適用すると考えれば不思議ではないでしょう。
3番目の文の「the operatives」は「特定の」というような具体的な意味では
なく、単に上の文の無冠詞「operatives」を受けた「その」といった程度の
意味でしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私:
段落7

> The bill would also provide clear rules for our personnel involved
in detaining and questioning captured terrorists.
> The information that the Central Intelligence Agency has obtained by
questioning men like Khalid Sheikh Mohammed has provided valuable
information and has helped disrupt terrorist plots, including strikes
within the United States.

の第2文ですが、これは
@中央情報局は,テロの容疑者を多く拘束し,かつ尋問をしているという事実
A拘束したテロ容疑者を尋問したところ、いろんなことを自白している事実。

BKhalid Sheikh Mohammedはその一人であるという事実。
C多くの容疑者から吐かせた結果、有用な情報が得られたが、これは911以降のテロ謀議を途絶えさせることに役立った、という事実。


を伝えています。

ですから、多くの容疑者が拷問式の尋問により,自白しているのですが、911首謀者Khalid Sheikh Mohammedも例外ではない、ということ、彼からも、いろいろと自白させたよ、ということなのです。で,彼からどんな自白が取れたか,これから言うよ、として次の段落8に進んでいるわけです。For exampleで始まる,段落8はつまり,段落Fとりわけ第2文の支配下、条件下、つまり限定対象になります。

これは彼から911をどう実行したかを聞き出し,その聞き出しに成功したため,ア)彼を裁判にかけること、および、イ)その情報に基づき,911事件以降今日,また未来に向けて,米国領土内に対する攻撃(外国の米軍基地等に対するテロとは異なるカテゴリーの意味合い)を含むテロ謀議を挫折させることに役立っているよ、ということになります。
(このin the United Statesというのは、外国での米軍基地が攻撃された場合,または外国にいる首謀者の指示で国内で攻撃が起きた場合、その首謀者を,国内法では処罰できないという限界があったからです。ところがこの軍事特別法廷法では、これを可能にしているところ、つまり外国から指示をだしていても、米国で処罰できるとすることに決定的な意味があります。Khalid Sheikh Mohammedは911事件時も米国領土内におらず、かつ拘束も2003年,パキスタンでなされました。)


“the design of planned attacks of buildings inside the U.S.”
ですが、彼は米国領土内のいろんなビルの攻撃プランしていたそのdesign(設計図・構想・意図・目的)ということで、なぜ、planned attacks、やbuildingsにそれぞれ定冠詞theがつかないかというと、(おそらく大中小)、多くの攻撃対象を構想していたからです。911事件では、飛行機がぶつかっていない,周辺のビルもあわせて倒壊しています。the designが仮に、WTCビルだけを特定しない、多くのビルをテロ攻撃するつもりの広範な計画だとしても、事実、WTCは攻撃で倒壊したわけです。

“He told us the operatives had been instructed to ensure that the
explosives went off at a high -- ”
工作要員は実際に、爆破指示を与えられていた,(the operatives have been instructedが主節が過去形のためhad beenとなっている)と確実に言っています(過去の事実)。
また これが 指示を与えられただけ実行に至らなかった場合

the explosives will go off が主節の過去時制を受けて
the operatives had been instructed that the explosives( would) go off...

となるのではないでしょうか。しかし,この場合、工作員により実行されています。つまり,爆発が実際起きた。だから thatのあとwent offとしているのではないでしょうか。

このoperativesにはtheついている一方,その前の前の文にみえる、


how operatives were directed
to carry them out.

ではoperativesの前にtheがありません。これは一般的なことをいっており、

the operatives had been instructed to ensure that the
explosives went off at a high --

対するに、ここでは工作員を特定しているのではないでしょうか。つまり、ここでは911WTC攻撃の工作員になるのではありませんか?

つまり
月)爆破指示は彼によって与えられていた。
火)工作員はその指示にしたがって、実際に爆破に及んだ。

こうなるのではないでしょうか。
また爆発のさせ方が,一般論,概説論的にではなく、,きわめて具体的な指示内容になっています。
that the explosives went off at a high -- a point that was high enough to
prevent people trapped above from escaping.


つまり,ビルの中に閉じ込められた人々を,逃げられないように爆発で殺せという指示です。

,爆発以前に、ビルの中に閉じ込められているという状況は、いかなる状況なのでしょうか。なぜ,閉じ込められたのでしょうか。

これは、飛行機がビルにぶつかり,火事等や爆発が発生。あるいはエレベーターや階段が機能しなくなっているからではないでしょうか。これは,前後かのコンテクストから見て、飛行機に衝突されたWTCビルのそのときの内部に閉じ込められた人々の状況をいっているのではないでしょうか。

一般計画として、先ず一発爆発させ、人々を封じ込め,それから,封じ込めた人々が逃げられないように,念のためもう一発,ビルの中間地点で爆発させるようにせよ、という定形的戦略があって,それを自白したに過ぎないということでしょうか。それはおかしいでしょう。

trapされるている状況の人々とは、あくまでWTCビルの状況のことではないでしょうか。
 people の前にtheがついていないのは,この首謀者が,指示を出す段階では、誰が被害者になるか,特定できていないからです。

i^iさんの発言 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戻って、段落6
> The bill I have proposed will ensure that suspected terrorists will
receive full and fair trials, without revealing to them our nation's
sensitive intelligence secrets.
> As soon as Congress acts on this bill, the man our intelligence
agencies believe helped orchestrate the 9/11 attacks can face justice.

では、国家機密を漏らすことなくテロ容疑者を完全かつ公正に裁けるという
1つの利点をを述べていますが、ここで「9/11攻撃(9/11 attacks)」を
「helped orchestrated」したという「the man」を、次の段落以降で名指し
されているハリド・シェイク・モハメドを指すとするのは不自然だし、
「helped」が付いていることも計画立案の中心人物にふさわしくありません。
これは、夢の中でランデブーさんの
> このthe manはKhalid Sheikh Mohammedを具体的に指しています。

に私が同意しない理由です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私:

このThe manは、前後の文脈からして、Khalid Sheikh Mohammed に確実に特定されていると断言できます。中央情報局が拘束しているテロ容疑者たち全員ないし多くを軍事裁判にかけるというなら、複数形でthe menと表記するはずです。複数でなく,単数つまり一人の人間、それを定冠詞で限定しています。そして、その一人の特定されている人間とは、前後のコンテクストから、Khalid Sheikh Mohammedとしか考えられません。もし,これが彼のことを意味していないなら,誰を意味しているとお考えなのですか?続く段落7、および8で繰り返し,彼の名前を取り上げていますし、また米国メディアでは、彼が911事件の黒幕であると政府の発表受けて報道しており,米国人読者にとって、911事件の首謀者として逮捕された人間が読者がKhalid Sheikh Mohammedであることは共通認識となっているため、この2重の意味でtheの持つ唯一無二に特定する制度が機械的に、かつ確実に,機能しているのです。

前後の文脈から特定できる人物は,唯一無二のこの人物しかおりません。また
「helped orchestrated」のhelpという単語を使っているので、「計画立案の中心人物にふさわしくありません。」とのことですが、そもそも,米国政府および、911背調査委員会はKhalid Sheikh Mohammedを911事件の首謀者として発表しているのです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Khalid_Shaikh_Mohammed
Wikiの上から五行目を抜粋
“........ according to the 9/11 Commission Report he was "the principal architect of the 9/11 attacks."


「わたしが」Khalid Sheikh Mohammedが911首謀者に違いない、と誰何しているわけではないのですよ。ここは間違えないで下さい。

米国歴史上最悪なテロ事件911事件の首謀者を裁判にかけるというのは、全米の国民が,最も望んでいることなのです。この法律を通してくれれば,軍事裁判に書けることが出来る、だから,早く法律を通してほしい,と大統領は力説しています。今回の記者会見で、国民にアピールしたいのは911首謀者Khalid Sheikh Mohammedをやっとこれで裁判にかけられるよ、ということなのです。

i^iさんの発言ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、
> 読者からの異論は全く出ていないようです。

というのは、異論を載せていないという可能性は考えましたか?
もし本当ならこんな重大なことを他で大騒ぎしていないのはいかにも不自然
です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私:
今回の指摘を行った2つのサイトに私はよく馴染んでいます。http://www.whatreallyhappened.com/
http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi

これらのサイトの性格上、間違いは訂正されてポストされます。特に,後者(前者もですが)は、読者が投稿したら,阿修羅のように,自動的に、機械的・自動的に掲載がなされる仕組みであり、編集人が、編集することが出来ません。後者は,投稿によって,プライバシーが侵害された場合等,その関係者が,その投稿を編集人とは独立して,消去できる仕組みとなっています。また、万が一,このサイトが大統領が,爆破の存在の認識をしているのではないとの意見を隠しているとしても、これらのサイトを読んで,このような反論を持ったとしたら,他のサイトで意見をポストしたりしているはずですが,現在広く見るところ,そのような発言は発見できていません。その解釈には反対だとする人々の発言が存在するなら、i^iさんがそれを発見し,阿修羅に提示していただけるとありがたいです。


「もし本当ならこんな重大なことを他で大騒ぎしていないのはいかにも不自然
です。」

この文章で、貴兄の意識の中に,主流メディア(主流メディア+主流のalternative media)が取り上げていないのだから、その情報は間違っている,真実ではありえない、という刷り込みがなされていることを示しています(ご自分の意識を突き放して観察されることをおすすめいたします)。これは阿修羅のようなalternative mediaに集う人々の意識と逆になっています。阿修羅のメインページに行かれ,このサイトの趣旨をご確認ください。阿修羅は主流メディアでなぜ、こうしたことを取り上げないのか,議論しないのかそれは不自然ではないのか、として,機能をしています。

大統領府の,定例記者会見にすべての主流メディから記者が送られてきていますが,彼等の中で、911事件について、ほんとは,あなたたちがやったのではないか、ビルの崩壊の仕方だって不自然ではないか、などと質問を浴びせた記者は,現時点まで,誰一人存在していません。たった一人すらもです。あたかも、大統領の尋ねてほしくはない、つついてほしくはないとの気持ちを察し、それに協力しているかのようにです。主流メディアは,真実を明らかにすることに何の興味もないどころか,大統領の行きたい方向を補完しているのが現実です。だから、

アレックスジョーンズ
http://www.infowars.com/

ジェフレンス
http://www.rense.com/

のようなオルタナティブalternativeメディアが必要となります。


ただし、彼等のようなalternative mediaの主流の勢力が扱わない視点,問題提起をしたり,彼等のあり方を吟味する、彼等に対する さらなるalterenative mdeiaである

Fintan Dunneの
http://www.gulufuture.com/


Greg Syzymanskiの
http://www.arcticbeacon.com/

など意味を持って機能しているのです。これらは,2重にalternativeでして、主流メディアを批判し、かつそのalternative mediaを吟味批判し、または、限界を補っています。前者は,911を政府のインサイドジョブと同意しながらも、アレックスジョーンズのあり方の怪しさを,徹底吟味しています。後者は、主流メディアも,主流オルタナティブメディアも扱わない、カトリック/イルミナティのモンテカルロP2の内部告発情報(イタリア貴族であるザガミ氏による)を伝達しています。

このように、ある情報やものの見方が,主流メディア,主流オルタナティブが扱わないのだから、それは間違っているはずだ、とみるのは、真実を探求しているメディアである阿修羅から見ると,倒錯している認識構造となります。


ですから「もし本当ならこんな重大なことを他で大騒ぎしていないのはいかにも不自然です。」というのは、ある事柄を否定するための理由には、なりえないのです。正式な意味でのいわゆるディベートにもルールがありますが、「他が騒いでいないから,それはあり得ない」とする論法は,床屋政談ならいざ知らず(失礼!)、ルールの論外となります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私の結論:
9月15日の大統領発言:
911首謀者Khalid Sheikh MohammedはWTCビルに爆弾を仕掛けるよう工作員に指示を出し,それを受けて工作員は,爆破実行したとの認識を示した。


この方向で異論の出ていない英語ネイティブの受け取りは,正当なものと考えます。

ただ大統領のスピーチライターは,意図的に、ギリギリの、非常に狡猾な書き方をしている印象があります。

またここで議論の対象になるのは(911事件のような問題は)、今回の記者会見記録のように国のアーカイブに恒久的に入るような公式の文書(または発言記録)であり、その意味で法的効果のあるものであり(文書主義)、一方、公的機関が,一個人の問い合わせに書いてくる手紙(メールなど)は検討の対象、参考にはなりません。仮に、両者に矛盾が起きたときであっても、後日歴史的に検証対象となる、アーカイブ入りする書類だけが基準になり、結局そこに戻らなければならないからです。


追伸)

i^iさんの発言ーーーーーーーー

> われわれ日本人は定冠詞の作用について、とても不得手で

私も自信はありませんが、
岩波新書のマーク・ピーターセン著「日本人の英語」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004300185
は、日本の辞書などでは得られない冠詞の理解に非常に役立った気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私:
私の推薦したい文法書は
Michael Swanの以下の2冊です。ともにオックスフォード大学出版(邦訳なし)。

Basic English Usage (1984年刊行)(外国人の初級中級者の英語学徒を教える教師のため)

http://www.amazon.co.uk/Basic-English-Usage-Michael-Swan/dp/0194311872
http://www.amazon.com/Basic-English-Usage-Michael-Swan/dp/0194311872

Practical English Usage (2005年刊行)
http://www.amazon.com/Practical-English-Usage-Michael-Swan/dp/0194420981/sr=1-3/qid=1164363069/ref=sr_1_3/002-6431379-5593620?ie=UTF8&s=books

これらは主に外国人に英語を教える教師のために書いているのですが、特異の才能を持つSwanの説明は,ずば抜けています。前者は,文章も簡単で図解が豊富で,本当によい書です。


日本人の書く文法書はいい印象のものはひとつもありません。

日本人の抱えている文法についての問題点を知り抜いているネイティブ今英語教師の文法の本は良いものがありますね。ご教示ありがとうございます。

*ピノキさんちょっとまっててください。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 議論24掲示板


フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。