★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ12 > 265.html
 ★阿修羅♪
<BSE>危険部位の除去、9施設確認できず 米監査機関(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/0601/gm12/msg/265.html
投稿者 rand 日時 2006 年 2 月 03 日 14:38:13: vXAQEWfi3V9qE
 

 【ワシントン木村旬】米農務省の監察官事務所(同省の内部監視機関)は2日、牛海綿状脳症(BSE)の防止対策として義務付けられている牛の特定危険部位の除去が、米国内の食肉処理施設で適切に実施されているか確認できないとの報告書を公表した。日本向け米国産牛肉に危険部位の脊(柱せきちゅう)(背骨)が混入していた問題で、日本は輸入を再停止したが、米国のずさんな実態が改めて指摘されたことで、日本の消費者の不安が強まり、輸入停止が長期化する可能性がある。
 米国は生後30カ月以上の牛で危険部位の除去を義務付けているが、報告書は、監察対象となった処理施設12カ所のうち9カ所で「記録不足によって、危険部位の除去が適切かどうか確認できなかった」と指摘した。
 牛の出生日の登録が義務付けられていないため、月齢の確認が業者の判断に任されていることも指摘した。
 報告書は、行政側が事態を十分に把握していなかったことにも言及し、「全施設を対象に危険部位の管理計画の適切さを検証する」などの改善策をまとめ、同省の食品安全検査部門などに要請した。同部門などは1月20日付の書面で指摘事項に同意し、今年9月までに改善策を実施するとしている。
(毎日新聞) - 2月3日13時0分更新

こんなの発表されたら、今現在輸入をしている国まで、輸入停止をしてしまいそうです。
30ヶ月だって、守られている保障は、ないに等しそうだし(肉(?)見て本当に分かるのでしょうか)。
やはり、全頭検査(条件を承諾しても実行するとは、限りませんが)でないとだめでしょう。
本当は、肉骨粉を餌として与えられている(肥料を含めて)もの全てを検査してほしいですね。(調査方法があるかは、分かりません)

信用できる国になってほしい。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ12掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。