★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ12 > 279.html
 ★阿修羅♪
MeMoMa さんが 2ch からの引用で「狂牛病殺人事件?」を書いています。これははたして本当か?気になります。
http://www.asyura2.com/0601/gm12/msg/279.html
投稿者 gataro 日時 2006 年 2 月 06 日 22:07:20: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://d.hatena.ne.jp/MeMoMa/20060121 からの引用。

eikokukaranokeisyou

筑紫哲也NEWS23『「BSE」で命を落とした少女』から

クエスチョンさんが作成した「イギリスからの警鐘」バナーです。

←クリックすると、拡大して動きます。


《「狂牛病殺人事件?」の引用はここから始まる》

Tsunao Saitoh(斉藤綱男)氏は、車の側面から銃で胸部を数発撃たれ、白衣姿のままで、ハンドルに覆いかぶさるようにして死亡しておりまた、13歳の長女Louille(斎藤留理)さんも、車から6メートル離れた路上で胸部を撃たれ射殺されていた。

Tsunao Saitoh氏は、当時、46歳で、UCSDの病理学者でアルツハイマー病の世界的権威であった。

当日、Tsunao Saitoh氏は、学会で、アルツハイマー病とCJDとの関係についての新説を発表する予定であったという。

奇妙なことに、時をおかず、BSEに詳しいMark Purdey氏(有機農業経営者で畜舎で使う有機リン系殺虫剤のホスメット-PHOSMET-がBSEの原因だと主張している。)の家が全焼し、また、彼の顧問弁護士二人とCJDの権威であるC. Bruton博士が、それぞれ、別の交通事故でなくなった。

このC. Bruton博士も、近々新しい学説を発表する予定であったという。

《引用終わり》


小生自身は、「狂牛病殺人事件?」に書かれていることがどれほどの信憑性をもつのか、未だ半信半疑なのではありますが、BSE問題についてのアメリカ政府やアメリカの食肉業界が現在とっている態度を見ていると、ひょっとすると本当かもしれないとも思います。

どなたかこの事件についての詳しい情報をお持ちの方、ぜひ情報をお寄せください。お願いします。

「きっこのブログ」の「アメリカの言いぶん」は狂牛病関連の必読記事です。
下のバナーをクリックしてお読みください。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ12掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。