★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ12 > 294.html
 ★阿修羅♪
BSE基準緩和に反対相次ぐ 専門家会合―「朝日新聞」
http://www.asyura2.com/0601/gm12/msg/294.html
投稿者 天木ファン 日時 2006 年 2 月 08 日 20:38:13: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: 新牛肉貿易の基準案 緩和項目多く批判続出―「毎日新聞」 投稿者 天木ファン 日時 2006 年 2 月 08 日 20:35:37)

http://www.asahi.com/life/update/0207/012.html

BSE基準緩和に反対相次ぐ 専門家会合
2006年02月07日22時11分

 農林水産、厚生労働両省は7日、牛海綿状脳症(BSE)の国際的な安全基準について検討するため、家畜伝染病や食品安全の専門家らによる会合を都内で開いた。家畜の安全基準を定める国際機関、国際獣疫事務局(OIE)は、日本など加盟国にBSEの安全基準を緩和する改訂案を提示している。これに対し、出席者からは「科学的な根拠が明らかでない」などの批判が相次いだ。政府は14日の消費者との意見交換会を経て、改訂案に反対する方針を正式に決める見通しだ。

 改訂案は、現行では「生後30カ月以下」としている自由に貿易できる骨なし牛肉の条件を見直し、月齢制限を無くすことなどが柱。OIEは5月の総会で新基準を決める予定だ。

 会合後、山内一也委員(日本生物科学研究所主任研究員)は記者団に対し、改訂案について「科学的な根拠が薄く、牛肉の輸出国である米国にとっては非常に有利な案。反対すべき項目がいくつかある」と批判した。

 OIE基準は「目安」で、各国の安全基準は拘束しないが、世界貿易機関(WTO)の判断根拠となる。新基準が決まると、米国が「20カ月齢以下の牛に輸入対象を限定する日本の基準が厳しすぎる」とWTOに訴えた場合、日本は不利な立場に追い込まれる

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ12掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。