★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ12 > 432.html
 ★阿修羅♪
農家に突然届く脅迫状の恐怖(人民新聞)
http://www.asyura2.com/0601/gm12/msg/432.html
投稿者 heart 日時 2006 年 3 月 29 日 21:47:04: QS3iy8SiOaheU
 

日本の農業が、GMO(遺伝子組み替え作物)商業栽培に支配される日はやってくるのか?
ないと50
2003年 7月25日 通巻 1151号

■突然届く脅迫状の恐怖

 最近、悪質な詐欺メールの手口として、「身に覚えの無いアダルトサイト利用料金の請求」というものがある。その内容は「○万円の未払額を、△日までに指定の口座へ振りこまないと、法的措置をとります」というもの。「職場や家族に知られたらまずい」という焦りからか、ろくに確かめもせずに振込みをしてしまう男性被害者も多い。だがこれは詐欺メールだから、無視すれば問題はない。
 ではこれが、世界的に有名な巨大バイオ企業からの、身に覚えのない請求書だったとしたらどうだろう? しかも詐欺ではなく、弁護士の手による正式な文書である。そこにいかめしい文体で、数百万円単位の請求額が書いてある……。これは、世界中の農家に、今、実際に起きている話である。

■「恐喝状」の内容

 農家の間で「恐喝状」と呼ばれ、恐れられているその手紙は、こんな内容だ(〔〕内は筆者註)。
 「〔当社による〕調査の結果、○○の土地△エーカーで、ラウンドアップキャノーラ〔M社の商品名〕がまかれ、当社の所有権を侵害している証拠が得られました。(略)以下の条件が満たされるのであれば、貴方に対する法的手続きの開始を止める用意があります。条件@・直ちに○百万円を当社に支払う。(略)条件B・この示談書の内容をいかなる第三者にも知らせないこと。(後略)」
 ここで問題となるのは、この「恐喝状」が、一度もGMOを栽培した事のない農家に送られるケースがあるという事だ。先日来日したパーシー・シュマイザー氏(七二)はその一人で、彼は今、M社と法廷で闘っている。「わしの畑をGMOで勝手に汚染しておいて、賠償請求とは何事か!」と、しごくまっとうな主張を訴えているが、潤沢な資金で強力な弁護団を抱えるM社の前で、旗色は悪い。このまま彼が敗訴すれば、今後農家は、泣き寝入りを余儀なくされるだろう。金額や相手の強大さを考えたら、この「恐喝状」は、ある意味、「アダルト詐欺」よりタチが悪い。

■なぜM社は弱いものいじめをするのか

 理由の一つに、GMO種子の闇市場の勢力拡大がある。例えばブラジルは、GMOを禁止している国だが、六年間も闇市場が機能しているため、国内作物はGMOだらけ。結局GMO自体、近々合法化されるだろうと予測されている。この闇市場を止めるべく、M社は見せしめ的な「恐喝状」作戦に出たというわけである。
 だが、シュマイザー氏のような「身に覚えのない」農家を「恐喝」するとは、いくらなんでも筋違いだ。ところが裁判所は、なんと「花粉が勝手に飛んできて交雑した場合でも、M社への特許侵害になる」という判決を(一審で)出してしまったのである。これは、わが国の農家にとっても、重大な意味を持つ判決である。

■商業栽培後の日本で起きる事

 日本では、まだGMOの商業栽培は始まっていない。だが始まってしまえば、花粉の飛散による交雑で、国中にGMOの遺伝子が広まる恐れがある。そうなれば、いよいよM社の「恐喝状」作戦が発動され、中小の農家は、なし崩し的にM社の軍門に下る事になるだろう。
 つまりGMOの商業栽培に関しては、「ウチはどうせ植えないから、どっちでもいい」とは、言えない状況になっているのである。GMO商業栽培の阻止は、日本の農家を大企業の支配から守る、最後の防衛線なのである。

http://www.jimmin.com/2003b/page_002.htm

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ12掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。