★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13 > 104.html
 ★阿修羅♪
米産牛肉:追加措置を正式決定 輸入再開へ―「毎日新聞」
http://www.asyura2.com/0601/gm13/msg/104.html
投稿者 天木ファン 日時 2006 年 6 月 20 日 23:39:14: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: 牛肉輸入再開、日米が合意へ=20日夜にも決着・・・予想はしていたが... 投稿者 rand 日時 2006 年 6 月 20 日 14:20:17)

米産牛肉:追加措置を正式決定 輸入再開へ

 政府は20日、米国産牛肉の輸入再開にあたって輸入条件を順守させるため米国に要請する追加措置を、政府として正式に決定した。これを受けて同日夜、テレビ電話による日米局長級協議が開かれ、日本側が再開前に米食肉処理施設35カ所を査察するなどの内容を米国側に伝達。米側がこれを受け入れ、事前査察の方法などについて調整がつけば、同日中にも輸入再開で合意する。

 追加措置は(1)日本側の事前査察(2)米政府による施設への抜き打ち検査に日本側も同行(3)施設ごとの輸出製品リストを米が日本に提供−−など。日本政府は独自措置として、港や空港での水際検査を「当面全箱開ける」(川崎二郎厚労相)など強化する。

 事前査察は今月中に始める。1カ月程度かけ、昨年12月の査察より詳細に調べる考えで、問題がなかった施設に限って出荷を認める。実際の輸入は7月下旬以降になるとみられる。

 米国では「早期輸入再開が実現しなければ日本産牛肉の輸入を停止する」との報復法案が上院に提出されるなど、対日圧力が強まっている。29日の日米首脳会談前に決着させるのは、この問題を日米関係の火種にしたくない両国政府の意向も働いたとみられる。

 牛海綿状脳症(BSE)の発生で停止された米国産牛肉の輸入は昨年12月に再開されたが、今年1月20日、成田空港で特定危険部位の背骨が混入した肉が見つかり、再び輸入停止になった。5月の日米専門家会合で、混入があった施設以外の施設は問題がないとする米側の報告を日本が受け入れ、輸入再開の流れができていた。【位川一郎】

毎日新聞 2006年6月20日 22時12分 (最終更新時間 6月20日 22時17分)

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20060621k0000m010132000c.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。