★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13 > 143.html
 ★阿修羅♪
米産牛肉 輸入再開きょう決定 政府方針を自民が了承―「東京新聞」
http://www.asyura2.com/0601/gm13/msg/143.html
投稿者 天木ファン 日時 2006 年 7 月 27 日 11:14:56: 2nLReFHhGZ7P6
 

米産牛肉 輸入再開きょう決定

 政府方針を自民が了承

 米国産牛肉の輸入再開問題で厚生労働省と農林水産省は二十六日、輸入再開前に牛海綿状脳症(BSE)対策を調査した結果、米国が認証した対日輸出施設のうち一施設を除く三十四施設の輸入を再開する方針を決めた。同日、自民党に提示し、了承を得た。輸入再開は二十七日に正式決定するが、国内入荷は早くても八月中旬になりそうだ。 

 輸入再開決定は今年一月二十日に特定危険部位である脊柱(せきちゅう)が混入した牛肉が見つかって以来、半年ぶり。しかし、米国産牛肉に対する消費者の不信感は根強く、当初の国内流通量は極めて限定されそうだ。

 両省は六月二十四日から一カ月間、米国の対日輸出施設三十五カ所について日本向けの輸出条件を守れるかどうかを調査。その結果、三十五施設のうち一施設が企業合併のため、作業手引書の変更が必要であると分かった。

 このため、手引書が整い、日本側が確認するまで対日輸出の認証は行わないと決めた。

 両省の調査ではこのほか、昨年十二月の輸入再開時、米政府が対日輸出の認証を行う前に解体処理した牛肉を輸出した施設があったことが発覚。この施設について両省は、米国政府による二カ月間の監視強化を条件に再開を認めたが、ルール違反の牛肉は既に国内に流通しており、批判が高まりそうだ。

 国内の港の保冷庫に保管されている未通関の米国産牛肉については自民党の要請を受け、再開決定後ただちに輸入を認める方針を変更。国内入荷が始まって三カ月程度たった後、問題がなければ輸入を認めることにした。

 両省は二十七日、再開を正式決定し、内閣府食品安全委員会に報告した上で米国に連絡する。二十八日は東京と大阪で、輸入再開について消費者や業界関係者を対象にした説明会を開く。


http://www.tokyo-np.co.jp/00/sei/20060727/mng_____sei_____002.shtml

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。