★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13 > 146.html
 ★阿修羅♪
英医薬品大手グラクソ、来年にも鳥インフル用ワクチンの量産化が可能に [ライブドア・ニュース]
http://www.asyura2.com/0601/gm13/msg/146.html
投稿者 white 日時 2006 年 7 月 27 日 16:43:44: QYBiAyr6jr5Ac
 

□英医薬品大手グラクソ、来年にも鳥インフル用ワクチンの量産化が可能に [ライブドア・ニュース]

 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2248470/detail

英医薬品大手グラクソ、来年にも鳥インフル用ワクチンの量産化が可能に
【ライブドア・ニュース 07月27日】− AP通信によると、英医薬品大手グラクソスミスクラインは26日、2007年までに鳥インフルエンザ用ワクチンの量産化が可能との見通しを明らかにした。
  これは、同社がベルギーで成人400人を対象に、同社が独自に開発したアジュバント(免疫助成剤)を使って、抗原の量を抑えた試作ワクチンの臨床試験を行った結果、全体の8割以上に、高病原性の「H5N1型」鳥インフルエンザウイルスに対する強い免疫力が証明されたのを受けたもので、国連鳥インフルエンザ問題担当責任者のデビッド・ナバロ博士も、「刺激的な報告だ」と評価した。これまでは、免疫力の強いワクチンの生産には大量の抗原が必要だったが、グラクソスミスクラインの場合は、アジュバントによって、少ない抗原で済むため、量産化が可能になった。
  ただ、WHO(世界保健機関)のインフルエンザ流行対策顧問、クラウス・シュトール氏によると、このアジュバントは同社が独自で開発しているため、同業他社がこのアジュバントをそう簡単には利用すること出来ないだろうとしており、他の製薬会社にも利用可能なアジュバントで、効果的なワクチンが製造されることが望ましいとしている。現在、30社以上が抗H5N1型ワクチン関連の20以上の臨床試験を行っている。 【了】

関連記事:
鳥インフル犠牲者は45カ国100人超=国連担当責任者(7月7日)
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1891270/detail
英グラクソ、鳥インフル新型ワクチン2種の臨床試験を開始(3月31日)
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1815500/detail

ライブドア・ニュース 中西庸記者/em
(参照:http://blog.livedoor.jp/emasutani/)
この記事に関するお問い合わせ

2006年07月27日14時52分

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。