★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13 > 152.html
 ★阿修羅♪
米産牛丼、「やってほしくない」=吉野家を批判 ゼンショー社長
http://www.asyura2.com/0601/gm13/msg/152.html
投稿者 新世紀人 日時 2006 年 7 月 28 日 15:27:24: uj2zhYZWUUp16
 

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/us_beef_import/?1154049823
ヘッドライン
米産牛丼、「やってほしくない」=吉野家を批判―ゼンショー社長
*牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショー <7550> の小川賢太郎社長は27日記者会見し、米国産牛肉の輸入再開を受け、牛丼チェーン大手の吉野家ディー・アンド・シー <9861> が9月下旬にも米国産牛肉を使用した牛丼の販売を再開する方針を示していることについて、「率直に言って、やってほしくない」と批判した。 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060727-00000081-mai-bus_all
<ゼンショー>米産牛肉は使用せず「安全保証できない」と

 牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーの小川賢太郎社長は27日、東京都内で会見し「消費者に安全という保証ができない」と述べ、米国産牛を使用しない考えを改めて強調した。5月に買収した米国のレストランチェーン「カタリーナ・レストラン・グループ」(デラウェア州)についても「(米国産牛を)使用しないのも選択肢のひとつだ」と語り、他国からの輸入牛に切り替える可能性を示唆した。
 カタリーナはカリフォルニア州などで「ココス」や「キャローズ」の計209店舗を展開しており、売上高は約307億円(05年12月期)。小川社長は「米国の消費者にも安全な食品を提供するのが私たちの使命」と述べ、豪州産などの使用を検討する考えを示した。
 同社は昨年9月、社内に「食品安全追求室」を設置し、小川社長自身が渡米し加工業者などを訪ねて安全調査を実施。その結果、「安全性に問題がある」として、危険部位の焼却処理と全頭検査の実施が実現しない限り、米国産を使用しないことを決めていた。【三沢耕平】
(毎日新聞) - 7月27日19時57分更新

吉野家は何故こだわるのか? 義理でもあるのかね? 米国と自民党政府に。

当たるかもしれない「狂牛丼」 河豚(ふぐ)の肝のようにスリル一杯のロシアン・ルーレットだが
症状が後に出てくるのがたまりませんな。年金の未来のようでもあります。
国民は馬鹿にされてマッセ。

 2 81 +−

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。