★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13 > 155.html
 ★阿修羅♪
鳥インフル・ワクチン、来年登場〜グラクソスミスクライン
http://www.asyura2.com/0601/gm13/msg/155.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2006 年 7 月 30 日 20:45:58: YdRawkln5F9XQ
 

更新2006年07月27日 18:46米国東部時間 ------------------------------

鳥インフル・ワクチン、来年登場〜グラクソスミスクライン -------------------

http://www.usfl.com/Daily/News/06/07/0727_021.asp?id=49713

 英製薬大手グラクソスミスクライン(GSK)はこのほど、「H5N1」型鳥インフルエンザ用のワクチンの開発に成功し、来年には大量生産も可能になると発表した。  ロイター通信によると、鳥インフルエンザのワクチンは鶏卵から抗原を作るため、生産に時間や手間がかかり、いかに少ない抗原で多くのワクチンを作るかが大きな課題となっていた。  その点グラクソのワクチンは、独自の新しい免疫補助剤が使われているため、ほかの開発中のワクチンより効力が強いという。3.8マイクログラムしか抗原を含まないが、臨床試験では2回の接種で健康な成人被験者の80%に強力な免疫反応が確認された。  同社のワクチンは、インフルエンザ・ワクチンの認可条件を達成した上、競合するサノフィ・アベンティスの試験的ワクチンに比べると半分の量で2倍の効果を上げられるという。認可されれば、年内にも生産を開始する予定だ。  価格は普通のインフルエンザ・ワクチン並みの約4ポンド(7.40ドル)となる見込みだ。同ワクチンは、年間20億ドルの売り上げを出す可能性があり、同社の長期的な利益見通しを3〜5%押し上げると見られている。  鳥インフルエンザはアジアで急速に拡大しており、これまでに感染した鳥に接触した130人以上が死亡している。ウイルスが人と人の間で感染するものに変異すると、世界的な大流行になると懸念され、大量供給が可能なワクチンの開発が待たれていた。  現在GSKは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団やグローバル・ファンド・トゥ・ファイト・エイズ・TB・マラリアなどの慈善団体と話し合い、貧しい国における供給方法なども検討している。


■この記事が掲載されているブック: 新型インフルエンザ 情報 置き場

【安倍にやらすな】
http://ameblo.jp/wayakucha/

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。