★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13 > 163.html
 ★阿修羅♪
【インドネシア】国内のヒト鳥流感、遺伝子情報を公開 (NNA)
http://www.asyura2.com/0601/gm13/msg/163.html
投稿者 ラブロレワイン 日時 2006 年 8 月 07 日 11:45:45: SsHFjbnn73HSI
 


 シティ保健相は、国内でヒト感染が発生した高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)の遺伝子情報を一般公開すると明らかにした。政府の諮問機関科学技術学会の医療委員会の提案を受けたものという。ジャカルタ・ポストが伝えた。

同相は、これまで政府と協力機関にだけ公開してきたものの、遺伝子情報にアクセスできないとの不満を聞いたとして、「政府が情報を隠匿しているかのように取られている」と述べ、情報の公開を決定したと述べた。また、世界に情報を公開することで、ウイルスの起源や疾患を引き起こす原因究明、変異の特徴などの解明のカギになる可能性があるとの見解を示した。

また、国家間でのサンプルの提供については遺伝資源移転同意書(MTA)の締結が必要との見解を示している。

一方、キューピーは4日、鳥インフルエンザウイルスが次亜塩素酸ナトリウムやアルコールの消毒ですぐに不活性化し感染力を失うことなどを今月14日にカナダ・カルガリーで開催される国際学会で発表すると表明した。また、キューピーマヨネーズに鳥インフルエンザウイルスを加えた実験では、H5型で30分以内、H7・H9型で10分以内に不活性化するとしている。これは鳥インフルエンザウイルスが酸性になると不活性化するため、マヨネーズに含まれる食酢により感染性を失ったか、乳化された植物油により鳥インフルエンザウイルスの殻(エンベロープ)が破壊されたための2要因が考えられるとしている。

http://nna.asia.ne.jp.edgesuite.net/free/tokuhou/040123_tyo/06/0807a.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。