★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13 > 262.html
 ★阿修羅♪
米『クローン食品は安全』90日後に認可の結論―東京新聞
http://www.asyura2.com/0601/gm13/msg/262.html
投稿者 天木ファン 日時 2006 年 12 月 30 日 16:58:45: 2nLReFHhGZ7P6
 

【ワシントン=共同】米食品医薬品局(FDA)は二十八日、クローン技術を使ってつくった牛、豚、ヤギの肉やミルクは「食品として安全である」との見解を発表した。今後九十日間、一般消費者からも意見を聞いた後、食品として生産、販売を認可するかどうか最終結論を出す。FDAは、クローン食品の「安全宣言」は米国が世界で初めてとしており、米国は認可に向けた方向性を示した。ただ、米メディアには、仮に来年中に認可の結論が出ても、実際の流通は数年後になるとの見方が出ている。

 発表を受け、消費者団体や宗教団体から安全性や倫理問題をめぐり早くも強い反発の声が出ている。記者会見したFDAのサンドルフ博士は、米国内で販売が認められれば「通常の食肉と同様に海外へ輸出されることになるだろう」と述べた。

 FDAは、これまでの研究結果を専門家グループと分析した結果、クローン牛、豚、ヤギの肉、ミルクは通常のこれら家畜の食品と同様に安全で、特別な危険はないとの認識で一致。羊については、情報が不十分なため結論を先送りした。

 クローン技術を利用すれば、高品質の食品を大量に生産できる利点はあるが、FDAは食品にクローン表示を義務付けることに消極的で、消費者の反発を呼びそうだ。

 ロイター通信によると、先月実施した調査では米消費者の50%以上がクローン食品は買わないと回答している。

 FDAは六年以上にわたり専門家による安全性の検討を続けていた。米メディアによると、米国内には現在数百頭程度のクローン牛や豚がいる。


http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20061230/mng_____kok_____004.shtml

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。