★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13 > 282.html
 ★阿修羅♪
WHO、ウイルスを知的財産と主張のインドネシアを非難[CNN/REUTERS]
http://www.asyura2.com/0601/gm13/msg/282.html
投稿者 feel 日時 2007 年 2 月 09 日 10:11:55: /berAdga6DXu.
 

(回答先: 鳥インフルエンザのウイルスを米企業に提供へ インドネシア[CNN/AP] 投稿者 feel 日時 2007 年 2 月 09 日 10:10:24)

WHO、ウイルスを知的財産と主張のインドネシアを非難[CNN/REUTERS]
http://www.cnn.co.jp/science/CNN200702080022.html

2007.02.08
Web posted at: 20:30 JST
- CNN/REUTERS

シドニー──高病原性鳥インフルエンザで多大な被害を受けているインドネシアが打ち出した、ウイルスを「知的財産」だと称して国外の研究機関に提供しない方針について、世界保健機関(WHO)などは8日、世界の鳥インフルエンザ対策を遅らせてしまう危険性があるとして非難した。今後、他国がインドネシアと同様の方針を取れば、WHOが過去40年にわたって築き上げた感染症対策のシステムが、根幹から崩れ去ると警告している。

インドネシア保健省は今月初め、知的財産権を理由に、高病原性鳥インフルエンザのウイルスを、国外の研究機関に提供しない方針を発表。ウイルスの検体を入手したい場合は、商業的に利用しないという内容で同国政府と合意する必要がある、としている。

この方針は、先月末にオーストラリアの製薬会社CSLが、インドネシアで採取されたウイルスを使ってワクチンを開発した、と発表したことに起因すると見られている。

インドネシア保健省は7日、米製薬大手バクスターと、鳥インフルエンザのワクチン開発に向け、高病原性ウイルスを提供することで基本合意に達したと発表している。インドネシアが研究用のウイルスを提供する代わりに、同社から優先的なワクチンの供給を受ける内容となっている。

CSLは、インドネシアの方針は「WHOが半世紀近くかけて築き上げ、世界各国の人々を感染症から守ってきたシステムを後退させてしまう」と批判。「どのような理由があろうとも、ウイルスの情報を出さないことは、ワクチン開発の遅れにつながり、全世界の人々が影響を受ける」としている。

また、WHOも、インドネシアの方針はその意図とは逆に、ワクチンの入手を困難にしてしまうだけだと指摘。「流行しているウイルスに対応したワクチンの開発が、感染症のまん延を防ぐ基本方針だ」として、今後のワクチン開発に懸念を示している。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。