★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13 > 370.html
 ★阿修羅♪
鳥インフル マウス利用の抗体実験で効果(Asahi.Com)
http://www.asyura2.com/0601/gm13/msg/370.html
投稿者 ああ、やっぱり 日時 2007 年 5 月 29 日 21:59:52: 5/1orr4gevN/c
 

鳥インフル マウス利用の抗体実験で効果 
2007年05月29日21時14分
http://www.asahi.com/life/update/0529/TKY200705290439.html

 新型インフルエンザが大流行した場合、感染者の体内にできる免疫物質(抗体)が予防や治療に役立つかもしれない。米欧やベトナムなどの国際チームが29日、新型インフルエンザへの変異が懸念される強毒型の鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)について、マウスを使った抗体の実験で効果があったとオンライン医学誌「PLoSメディシン」に発表した。
 チームは、ベトナムで04〜05年にH5N1型ウイルスに感染して回復した4人から血液を提供してもらい、含まれている免疫細胞を培養。ウイルスを無毒化する抗体が作られることを確認して、抗体をマウスに注射する実験をした。
 抗体を注射されないマウスは、04年のウイルスに感染させるとすべて死んだ。ところが、ウイルス感染前や感染後に抗体を注射されたマウスの体内ではウイルスが広がらなかった。こうした効果は05年のウイルスでも確認できたという。
 H5N1型が変異して新型インフルエンザウイルスが生まれれば、4000万人が死んだスペイン風邪(1918年)のように世界中で大流行する恐れがある。
 ウイルスを弱毒化したワクチンの開発も進んでいるが、大量生産に向かず、即効性がないのが弱み。抗体を薬にしたものは、これらの欠点を補うと期待される。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。