★阿修羅♪ > 国家破産44 > 108.html
 ★阿修羅♪
ビジネス情報               【在アラブ首長国連邦日本国大使館】
http://www.asyura2.com/0601/hasan44/msg/108.html
投稿者 hou 日時 2005 年 12 月 26 日 23:33:23: HWYlsG4gs5FRk
 

在アラブ首長国連邦日本国大使館
http://www.uae.emb-japan.go.jp/uae_j.html
ビジネス情報
http://www.dubaitourism.co.ae/japan/

ヨーロッパとアジアの間に16億の人口を擁し、
かつ高い購買力を有する市場がある。
そのマーケットへアクセスする拠点がドバイ。
往時から中継貿易地港としての伝統を誇る
ドバイは今日、国際ビジネスの中心地として驚異的な発展を遂げている。


● タックスフリー〔所得税,法人税なし〕
● 関税障壁、外国為替など規制のない、自由経済とオープンマーケット
● 富裕かつ輸入依存の市場(一人当たりGDPは世界最高クラス)
● 世界トップレベルに完成されたインフラ(通信,港湾,輸送etc)
● 空路,航路ともに交通・輸送のハブ(90の航空,170海運ラインによるアクセス)
● 米ドルにリンク、安定かつ交換自由な現地通貨ディラム
● 外国人もふくめて豊富な労働力と自由な雇用事情
● 中継貿易地の永年の伝統
〔国際商取引への精通、隣接巨大市場へのネットワーク〕
● 共通語として通じる英語
● 銀行はじめデザイン、メディア、広告などビジネスのためのサポート産業の充実
● 国際会議&見本市の中心地 (最先端の会議・展示会場の設備)
● 外国企業と駐在員その家族にとって重要な要素:
世界最先端レベルの住・レジャー・食・スポーツ・医療・教育・環境設備、治安の良さ、アクセスの良さ
● 外資進出にとくに有利な各種フリーゾーンの存在



--------------------------------------------------------------------------------

  http://www.jafza.co.ae

世界に数あるフリーゾーンのなかでも、1986年創設以来驚異的に発展、
いまや例を見ないほどの成功と言われているのがジュベルアリFZ。
● 世界50カ国から2000社以上〔2002年5月現在〕が進出。
● 日本からは自動車、家電、精密機械など70社〔同上〕が操業中。
● ドバイ政府によって管理、進出企業をバックアップ・サポートする。
● 100%外国資本での進出が認可。法人税,所得税ゼロ、輸入関税ゼロ。
● 資本、利益の自由なトランスファー。
● 世界最大の人工港ジュベルアリ港を囲んで、総面積100キロ平米の巨大ゾーン。
● インフラ、各種設備の完備: 既設の倉庫,事務所スペース等。
● 豊富で安価なエネルギーの供給。
● ドバイ市街地から30分、郊外のビーチホテル群や住宅地のジュメイラからは15分。


--------------------------------------------------------------------------------

  http://www.dafza.gov.ae

ドバイ国際空港の敷地内にあり、100%外資認可、タックスフリー、関税免除など
フリーゾーンならではの特典をすべて提供している。
最新のインフラ、諸設備、倉庫、オフィス等スペースが完備され,
とくに航空関連やスピードを要する物資の製造・輸送関連企業にメリットがある。
市街地から至近距離〔5−10分〕にあるのも利便性が高い。

--------------------------------------------------------------------------------

  http://www.dubaiinternetcity.com

      http://www.dubaimediacity.com

 世界でも初めて、総合的な情報通信テクノロジー産業のためのフリートレード・ゾーンがドバイ・インターネット・シティー(D IC)。ドバイ政府組織TEC OM(テクノロジー・E−コマース・メディア・フリーゾーン)の下、メディア産業向けのドバイ・ミディア・シティ(DMC)が併設。DIC/DMCはニューエコノミーの時代に生きる企業が地球規模で活動できるためのインフラ、環境、サービスを提供、2000年のオープン以来世界的に大きな注目を集める。進出企業に提供される特典や特徴は下記の通り。
● ブロードバンド、広域対応、超高速、大容量通信など世界最先端の通信インフラを提供。たとえば仕様はサーバープラットフォーム(サンマイクロ)、ソフトウェア(iプラネット)、ケーブル(ルーセント)、アクティブコンポーネント(シスコ)、プロジェクトインテグレーター(シーメンス)といった具合。
● 上記が装備され、すぐに稼動可能なオフィス・スペース
● 100%外資の進出認可;タックスフリー
● 進出企業の例として、
インターネット・シティー: マルチメディア・ビジネス、テレコミュニケーション、インターネット・サービス会社、インキュベーター、ベンチャーキャピタル等。
メディア・シティー: ブロードキャスト、音楽映像通信,出版、制作プロダクション、デザイン、広告、PR等。


● 自由な外国人労働力の雇用:潤沢に確保できる近隣インドからのIT技術者、低い人件費
● アジア、アフリカにまたがる広大な情報・通信の未開発市場へのゲートウェイとしての立地
● 創設以来2年間で両シティあわせて650社が進出 (2002年5月現在):主な企業名を挙げると、
インターネット・シティー : オラクル、マイクロソフト、シスコ、ヒューレットパッカード
メディア・シティー : ロイター、CNN, CNBC,ソニー ブロードキャスト、BBCワールド



 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産44掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。