★阿修羅♪ > 国家破産44 > 490.html
 ★阿修羅♪
堀江社長絶句!元側近が自殺 [スポーツ報知]
http://www.asyura2.com/0601/hasan44/msg/490.html
投稿者 white 日時 2006 年 1 月 20 日 23:56:54: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: 野口英昭は誰に殺されたのか − LD株と純金ファミリー証券  【世に倦む日日】 投稿者 愚民党 日時 2006 年 1 月 20 日 18:21:14)

□堀江社長絶句!元側近が自殺 [スポーツ報知]

 http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1647958/detail

堀江社長絶句!元側近が自殺

 ライブドア子会社の元取締役で、堀江貴文社長(33)の側近だったエイチ・エス証券副社長の野口英昭さん(38)が18日午後、那覇市内で死亡していたことが19日、分かった。那覇署の調べでは自殺とみられている。野口さんはライブドアグループによる企業買収に関与したとされており、今回の証券取引法違反事件解明のキーマンとみられていた人物。強制捜査に続く、突然の悲報に堀江氏の動揺は激しいという。

遺書はなし

 “ホリエモン錬金術”の草創期を知る重要な関係者が、ライブドア捜査着手から3日目の18日、自らの命を絶った。

 野口英昭さんが変わり果てた姿で発見されたのは東京から遠く離れた沖縄。那覇署の調べでは、18日午後2時半ごろ、那覇市のホテル客室で倒れているのを発見され、病院に運ばれたが腕や手首などを切り、出血多量で死亡した。遺書はなく、近くに血の付いた包丁があった。

 エイチ・エス証券人事課によると、野口さんは2002年6月、同証券に入社。それ以前は国際証券(現三菱UFJ証券)に勤務後、2000年にライブドアの前身オン・ザ・エッヂに入社。その後、子会社のキャピタリスタ(現ライブドアファイナンス)の取締役を務めるなど、堀江氏と密接な関係にあった。

 同年4月のオン・ザ・エッヂのマザーズ上場発表の際には、堀江氏と並んで会見に出席。今回の証券取引法違反の指示役とみられる宮内亮治取締役(38)よりも中心的な役割を果たしたとされ、以後のライブドア急成長の原点を築いていた。

 退社後も、ライブドアによる「キューズ・ネット」などの買収で、株式を売買した投資事業組合の業務執行組合員「日本M&Aマネジメント」の親会社に当たる「エイチ・エスインベストメント」の社長を一時兼務。企業買収や疑惑の株取引にも深く関与していた。

 やはりキーマンと考えていたのか、東京地検特捜部はエイチ・エス証券と野口さんの自宅を17日に家宅捜索し、パソコンや携帯電話も押収。だが東京地検の伊藤鉄男次席検事は野口さんの死亡を明らかにし「悲しい出来事で、冥福をお祈りする」とする一方で「野口さんを調べたり、呼び出したりした事実はない」と捜査は否定した。

 エイチ・エス証券の沢田秀雄社長は記者会見し「痛恨の思いだ。ライブドア関連の調査委員会を設け、全容解明に努めたい」と声を詰まらせながら話した。出社した17日夕は通常通り退社したとしており、自殺の経緯は分からないという。

 野口さんの周囲からは「なぜ沖縄に行ったのか分からない」の声が上がっており、野口さんを知る関係者も「正月明けに連絡を受けた際は『今年も頑張ります』と元気だった。それが突然なぜ…。自殺も信じられない」と衝撃を受けていた。

 堀江氏も民放の取材に対し「えー、マジかよ…。なんで…」とショックをあらわに。「彼とは上場のときから長い付き合いだけど…。オレ、もうちょっと、勘弁して」と再度絶句。別の取材には「仕事を一緒にした仲間なのでショックです。1年に1回会い、年賀状を送り合う仲でした」と答えた。

 また今回の事件との関係については「死ぬような悪いことをする人物ではないと僕は信じている」と回答。「誰ももう死なないでほしい」などとも話していた。


2006年01月20日08時15分

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産44掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。