★阿修羅♪ > 国家破産44 > 627.html
 ★阿修羅♪
ライブドアの熊谷史人
http://www.asyura2.com/0601/hasan44/msg/627.html
投稿者 愚民党 日時 2006 年 1 月 23 日 20:59:37: ogcGl0q1DMbpk
 

(回答先: ライブドア:堀江社長ら逮捕 証取法違反容疑で東京地検 【毎日新聞】 投稿者 愚民党 日時 2006 年 1 月 23 日 20:28:20)

2005.5.30

ライブドアの熊谷史人!!


http://66.102.7.104/search?q=cache:1TI5PjslAlEJ:kabudo.main.jp/200505/kumagai.htm+%E7%86%8A%E8%B0%B7%E5%8F%B2%E4%BA%BA%E3%83%BB%E7%B5%8C%E6%AD%B4&hl=ja

高杉だ!
世間をにぎわせてくれるライブドア(4753)!!

堀江貴文社長もそうだが、非常に人材がそろっているようだな。
堀江社長の女房役といわれる宮内亮治は有名だな。


参考までに経歴をのせておこう。

取締役:宮内亮治(37歳)
昭和42年08月 生

平成07年12月:税理士登録
平成11年07月:株式会社ライブドア取締役就任
平成16年10月:株式会社ライブドア取締役辞任
平成16年12月:株式会社ライブドア取締役就任(現任)


それはさておき。
私は特に熊谷史人に興味をひかれた。


ホリエモンの隣にいるのが彼だ!!
ちょっと見たところ、陰気な新入社員という感じだが・・・。
なかなか見所がある!!
年齢もまだ27歳!!

一応、彼の経歴も載せておこう。

取締役:熊谷史人(27歳)
昭和52年11月 生

平成12年04月:未来証券株式会社入社
平成14年01月:株式会社ライブドア入社
平成15年08月:株式会社ライブドア経営企画管理本部担当執行役員副社長就任(現任)
平成16年12月:株式会社ライブドア取締役就任(現任)


さて。
とある経済誌で、彼のインタビューがあり、その中の一言が私の興味を大いにひいた!!

熊谷史人は、卒業後の進路として、金融界を目指していた。
ただ、当時の金融界は混乱期。

彼いわく。

「器(会社という意味だな。)なんかに期待しちゃいなかった。
安定は自分の継続努力がもたらすものだと思っていた。」

むむっ!!
我が「株式道!!」のおカブを奪うような言葉だ!!


すばらしい!!
こんなヤツがいる会社というのは強いし、将来に大きな期待が持てる!!
私も、ライブドアを、こそこそ買い集めているが、その方針が誤りではなかったことを彼の言葉から確信した!!


彼は大学2年の時、高校時代からつき合っていた彼女との間に子供が出来、結婚した。
いわゆる、出来ちゃった結婚というやつだ!!
学生時代には、家族を養うため、合コンも旅行も行かず、アルバイトに明け暮れたそうな。

こういうところも。
貧乏学生であった我が「株式道!!」のメンバーは共感できるのだ!!

堀江社長についてもこう語っている!
「堀江は、本気で世界一を目指している。頭もいいし、信頼できる。
サポートすれば、世界一の船の一員になれると思った。」


安定は自分の継続努力がもたらす!!

すばらしい信条を持った熊谷よ!!
我が「株式道!!」も、株主として、その船に同乗するぞ!!

転覆せんように頼む!!
期待しているぞ!!

http://66.102.7.104/search?q=cache:1TI5PjslAlEJ:kabudo.main.jp/200505/kumagai.htm+%E7%86%8A%E8%B0%B7%E5%8F%B2%E4%BA%BA%E3%83%BB%E7%B5%8C%E6%AD%B4&hl=ja

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産44掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。