★阿修羅♪ > 国家破産45 > 160.html
 ★阿修羅♪
日韓通貨スワップ協定拡大で合意、相互協力強化を確認=第1回財務対話 【ロイター】
http://www.asyura2.com/0601/hasan45/msg/160.html
投稿者 Sちゃん 日時 2006 年 2 月 05 日 09:32:37: 4kC3WMVanvmFc
 

http://today.reuters.co.jp/news/newsArticle.aspx?type=businessNews&storyID=2006-02-04T150108Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-202118-1.xml

日韓通貨スワップ協定拡大で合意、相互協力強化を確認=第1回財務対話

2006年 02月 4日 土曜日 15:18 JST

 [東京 4日 ロイター] 谷垣財務相と韓国の韓悳洙(ハン・ドクス)副首相兼財政経済相は4日、「日韓財務対話」の第1回会合を都内で開き、日韓通貨スワップ協定の拡大で実質合意したほか、少子化やテロ資金対策などで相互協力の強化を確認した。日韓財務当局の間でトップレベルの定例会合がスタートしたことについて、両国財務相は「歴史的なこと」と評価した。日本側によると、拡大スワップ協定は今月中に署名される予定。

 この日午前10時から2時間行われた第1回会合後の記者会見で谷垣財務相は「地域金融協力を推進する観点から、チェンマイ・イニシアチブにおける日韓通貨スワップ取り決めを改定し、総額150億ドルの双方向スワップを締結することに実質合意した」と述べた。

 日韓通貨スワップはこれまで、日本から韓国に対し、上限70億ドルを供給する内容だった。今回の改定により、韓国から要請があれば、日本が上限100億ドルの米ドルを供給することができる。また、双方向の協定にすることで、韓国が上限50億ドルの米ドルを日本に供給することが可能になり、双方向合計で150億ドルの通貨スワップ協定に発展する。財務省筋は、「今月中に署名したい」としている。

 チェンマイ・イニシアチブは、1997−98年のアジア危機のような事態を防止するため、2000年にASEAN+3(日中韓)財務相会議で設立された取り組みで、金融危機などの緊急時に短期の流動性を供給するスキーム。ただ、これまでに発動されたケースはない。

 また、会談では、世界経済や日韓経済状況についての意見交換のほか、国際通貨基金(IMF)出資割り当て見直し、地域金融協力、テロ資金対策などでも相互の協力関係を深めることを確認した。

 なかでも、少子高齢化やグローバル化の中での競争力維持を日韓共通の課題として認識。韓悳洙財政経済相は、少子高齢化問題について「これからの韓国経済の潜在成長力に大きな影響を与える。国際金融、税制、財政という側面からも大きな影響を及ぼす」と述べ、日本との定期的な対話を通じた相互協力の拡大に期待を表明した。

 小泉首相の靖国神社参拝や韓国ハイニックス半導体<000660.KS>への相殺関税発動など、日韓両国間は問題を抱えている。谷垣財務相は「日韓財務対話はそれぞれの業務でより深い連携を保つためのもの」としながらも、「気持ちとしては、実務的対話が日韓のよりよい関係につながれば、という気持ちがある」と語った。 

 午後にはマクロ経済、予算、税制、国債管理政策について、局長クラスが分科会を行う予定。

 日韓両財務相は昨年11月、両省間の財務・金融分野に関する相互協力を促進するために「日韓財務対話」を設けることで合意、今回が初開催となる。両省幹部も出席し、マクロ経済や財政政策、租税政策、国債管理政策などで意見交換する。会談は相互訪問の形で行われ、次回の開催は韓国となる。


© ロイター 2006. All Rights Reserved.

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産45掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。