★阿修羅♪ > 国家破産45 > 560.html
 ★阿修羅♪
自ら異常な政策に幕 【産経新聞】
http://www.asyura2.com/0601/hasan45/msg/560.html
投稿者 愚民党 日時 2006 年 3 月 10 日 09:58:25: ogcGl0q1DMbpk
 

(回答先: 量的緩和解除へ、日銀がきょう最終判断 [読売新聞] 投稿者 white 日時 2006 年 3 月 09 日 18:36:27)

自ら異常な政策に幕

 世界でも例のない「異常な金融政策」に終止符が打たれた。三月の解除には政府・与党からの牽制(けんせい)もあったが、日銀は新日銀法で獲得した「独立性」を盾に、金利機能を封じ込むという中央銀行として極めて不本意な金融政策を自らの手で葬り去ったといえる。

 量的緩和策が導入された平成十三年三月当時、日本は景気悪化とデフレの悪循環に陥る寸前だった。財政赤字を抱えた政府に特効薬はなく、日銀もカードを使い切っていた。

 前年八月に解除したゼロ金利政策に戻れば、自ら失敗を認めることになる。組織防衛上採れない選択だった。量的緩和策採用は未承認薬の治験に等しかったが「ゼロ金利以上の思い切った政策」という強いメッセージにかけたのである。

 五年が経過し、日本経済は健康体に戻りつつある。バブル崩壊後、経済の病巣ともいえた銀行の不良債権と企業の負債、設備、雇用という「三つの過剰」を解消するため、国民は勤め先の倒産やリストラという代償を支払ってきた。超低金利下で失われた利息収入もそうだ。福井総裁も「国民の努力でここまで進んだ」と振り返る。

 将来、量的緩和策に戻ることは、「選択肢にない」という日銀。自らの診断で金融政策を正常化させたからには、デフレに逆戻りさせない重大な責務も負った。「物価安定のもとでの持続成長」という実績をしっかり示してこそ、日銀の「独立性」も守られる。(渡辺浩生)

http://www.sankei.co.jp/news/morning/10iti003.htm

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産45掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。