★阿修羅♪ > 国家破産45 > 749.html
 ★阿修羅♪
日本共産党第二十四回大会決議―― 「大企業にその社会的存在にふさわしい社会的責任と負担」  【しんぶん赤旗】
http://www.asyura2.com/0601/hasan45/msg/749.html
投稿者 hou 日時 2006 年 3 月 30 日 23:10:45: HWYlsG4gs5FRk
 

大企業は、国際的なM&Aを民間が業種ごとに対策をだして、さらに社会的責任を果たす

それができないのなら、増税も視野にはいると大企業は覚悟してほしい。

国際的にも過剰の貯蓄は、社会的モラルに反している。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-03-30/2006033001_01_0.html


企業「金余り」87兆円
1年で5兆円増 小泉内閣で急増
家計は現金・預金減少
日銀統計で本紙試算

--------------------------------------------------------------------------------

 民間企業(金融を除く)の手元に残っている「金余り」(余剰資金)が八十七兆三千億円に積み上がっていることがわかりました。国の一般会計予算を上回る規模です。日銀がまとめた資金循環統計の二〇〇五年十二月末速報をもとに本紙が試算しました。


--------------------------------------------------------------------------------

 〇四年十二月末の企業の余剰資金八十二兆円(速報による試算、確報による試算では七十七兆四千億円)と比べ、約五兆円も増加しています。一方、家計の金融資産をみると、現金・預金は減少しています。

 企業の余剰資金は〇一年を境に、膨らみ続けています。小泉内閣(〇一年四月発足)の応援を受けて、大企業が人減らし・リストラで「V字回復」を図る時期と重なります。この間、トヨタ自動車の純利益が三期連続で一兆円を超えようとするなど、大企業は空前の大もうけを記録。その半面、「貯蓄ゼロ」世帯が急増し、四世帯に一世帯となりました。

 企業の空前の「金余り」状況が注目され、賃上げで労働者に還元すべきだとの意見や「法人税増税も選択肢」との論調が経済誌にも登場しました。しかし、〇五年十二月末の統計をみても、企業の余剰金が設備投資や配当、賃金など「前向きな支出に若干回り始めた」(エコノミスト)形跡が読み取れるものの、依然として労働者への還元はわずかです。

 ゆきすぎた法人税減税を見直すとともに、積み上がった余剰金を賃金としてさらに労働者に還元することなど、「大企業にその社会的存在にふさわしい社会的責任と負担」を求める(日本共産党第二十四回大会決議)ことが必要です。

 企業の余剰資金は、第一生命経済研究所主席エコノミストの熊野英生氏の手法を用いて計算しました。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産45掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。