★阿修羅♪ > 国家破産45 > 887.html
 ★阿修羅♪
米10年債利回り5%乗せも連休控えてレンジ相場、原油終値69ドル台/ニューヨーク外国為替市場概況(フィスコ)
http://www.asyura2.com/0601/hasan45/msg/887.html
投稿者 愚民党 日時 2006 年 4 月 14 日 06:51:44: ogcGl0q1DMbpk
 

「為替」 米10年債利回り5%乗せも連休控えてレンジ相場、原油終値69ドル台/ニューヨーク外国為替市場概況

「米10年債利回り5%乗せも連休控えてレンジ相場、原油終値69ドル台」ニューヨー
ク概況 2006年4月14日(金曜日)−株式会社フィスコ 平松 京子/片山 善博

[ニューヨーク外国為替市場概況]
*06:26JST 「米10年債利回り5%乗せも連休控えてレンジ相場、原油終値69ドル台」

【ロンドン市場概況】
 13日のロンドン外為市場では、復活祭休暇入りを前に、取引手控えムードが強
く、全体的に小動きになった。ドル・円は118円37銭から118円55銭、ユーロ・ドル
は1.2097ドルから1.2127ドル、ユーロ・円は143円32銭から143円56銭、ドル・スイ
スは1.2956フランから1.2982フランで取引された。ポンドは、クロス取引でのポジ
ション調整の買いが一時みられ、ポンド・円は207円87銭レベルまで上昇、ユーロ・
ポンドは0.6910レベルから0.6902レベルまで下落し、ポンド・ドルは1.7561ドルま
で上昇した。買い一巡後、ポンド・ドルは1.7512ドルまで下落した。

【経済指標】
特になし
【要人発言】
特になし

【ニューヨーク市場寄付】
ドル・円:118円68銭、ユーロ・ドル:1.2092ドル、ユーロ・円:143円52銭、ポン
ド・ドル:1.7519ドル、ドル・スイス:1.2989フラン

【ニューヨーク市場概況】
 13日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は米10年債利回りの5%台乗せ、堅調
な小売売上高やミシガン大学消費者信頼感指数を受けて118円85銭まで上昇したが、
119円手前の戻り売りをこなせず、復活祭の連休前の調整売りに押されて118円36銭
まで反落し、118円55銭前後で引けた。
ユーロ・ドルは米経済指標発表後に一旦1.2069ドルまで下落したが、中銀筋の外貨
準備シフト絡みの買いが下値を支え、オプション絡みの買いや連休前のショートカ
バーで1.2118ドルまで反発し、1.2110ドル前後で引けた。ユーロ・円はCTA(商品投
資顧問)や投機筋の売りに押されて143円60銭から143円08銭まで下落したが、ユー
ロ・ドルの反発に連れて143円50銭前後まで反発し、“往って来い”となった。ポン
ド・ドルは1.7485ドルから1.7543ドルまで上昇した。ドル・スイスは1.3019フラン
から1.2963フランまで下落した。

【原油市場】
 原油相場は売り先行スタートから上昇基調を強め、約7ヶ月ぶりに69ドル台で取引
を終えた。イラン核問題を巡る対立の深刻化による輸出減少観測が根強く、下げな
い展開が続いている。本日の引け15分前から価格が急伸した。市場の一部では原油
ETFに絡む需要が相場を押し上げたとの観測があり、新たな相場の波乱要因として
ETFへの市場の関心が高まっている。NYMEX原油先物価格は69.50ドルまで上昇し、ほ
ぼ高値69.32ドル(前日比1.0%高)で取引を終えた。なお、今週の原油価格の騰落
率は+2.8%となった。

【株式市場概況】
NY株式相場は上昇。1-3月期決算への期待は高いが、原油価格が70ドル目前で高止ま
りしていることや長期金利が5%を上回ったことで上値は限定的にとどまった。セク
ター別では、テクノロジー・ハード・機器やメディアが上昇する一方で不動産や資
本財が軟調。AMD(AMD)は予想を上回る決算を発表したものの、今期に慎重な見通し
を示したことで10.3%安。一方でバンクオブアメリカが強気の見方を示したインテル
(INTC)が上昇した。またカイロン(CHIR)に替わりS&P500銘柄に採用されることが明
らかとなったサンディスク(SNDK)が4.1%高となった。ダウ構成銘柄では、GE(GE)が
予想に一致する決算を発表したものの軟調推移。結局ダウは7.68ドル高の
11137.65、ナスダックは11.43ポイント高の2326.11で取引を終了した。明日はグッ
ドフライデーの祝日の為、米国株式市場は休場。来週は大手企業の決算が本格化す
る。

【通貨オプション】
 ドル・円は10年債利回りが02年6月ぶりに5%を上回った事を受けて高値を試すも
のの、119円手前での厚い売りに抑えられ上げ渋っている。NY市場連休を前に上昇威
力が弱まってきており、オプション市場での変動率は低下傾向となっている。1ヶ月
物が8.150%から8.000%、3ヶ月物は8.425%から8.375%、6ヶ月物は8.575%から
8.550%へそれぞれ低下した。
 119円越えは困難との見方からリスクリバーサルは、円コール買いが強まった。25
デルタ円コール・ドルプット1ヶ月物は+0.600%から+0.625%、3ヶ月物は+0.700%
から+0.800%、6ヶ月物は+0.825%から+0.875%へそれぞれ拡大している。

【経済指標】
米・週次の新規失業保険申請件数:31.3万件(予想30.0万件、前週30.1万件←29.9
万件)
米・3月の小売売上高:前月比+0.6%(予想+0.6%、2月-0.8%←-1.4%)
米・3月のコア小売売上高(自動車除く):前月比+0.4%(予想+0.5%、2月-0.3%
←-0.6%)
米・2月の企業在庫:前月比±0%(予想+0.3%、1月+0.6%←+0.4%)
米・3月の輸入物価指数:前月比-0.4%(予想+0.1%、2月-0.5%)
米・3月の輸出物価指数:前月比+0.2%(予想+0.2%、2月+0.1%)
米・4月のミシガン大学消費者信頼感指数速報:89.2(予想89.0、3月88.9)

【要人発言】
IMF
「世界不均衡は原油高残存を受けて継続予想」
「原油高はおそらく残存するであろう」
「原油依存国の経常赤字は拡大すると予想」
コーンFRB理事
「米経済はかなり強い」
「経済拡大ペースは弱い住宅市場が消費、ビジネスを後退させる事から、緩やかな
ものになるであろう」
「経済は転換期にあり、金融政策もおそらく転換期になるのであろう」
「目的達成までの金利引き上げがどの程度必要となるのかはわからない」
「住宅市場は米経済にとって不確定要因」
「インフレ予想は抑制されている」
「エネルギー、商品価格はインフレを押し上げる可能性がある」
「長期利回りは歴史的に見て引き続き低水準」
「インフレ抑制を確実にする事が焦点」
「金利引き上げは経済成長を持続することが目的」
「金利はインフレを抑制するのに十分なだけの上昇が必要」
「過去に行ってきた利上げは時間差を持って反映している」
「連銀は過剰な利上げへのリスクに気付いている」
ブッシュ米大統領
「中国が責務を果たす事を望む」

【東京市場終値-ニューヨーク市場終値】
為替市場: (始値) (高値) (安値) (終値)
ドル・円 118.41 118.85 118.36 118.54
ユーロ・ドル 1.2121 1.2127 1.2069 1.2113
ユーロ・円 143.49 143.60 143.08 143.57
ドル・スイス 1.2966 1.3019 1.2956 1.2974
ポンド・ドル 1.7544 1.7561 1.7485 1.7528
株式市場:
NYダウ 11130.13 11178.40 11105.80 11137.65
ナスダック 2313.49 2333.03 2310.12 2326.11
債券市場: (始値) (終値)
米国債30年物 5.058 5.114
米国債10年物 4.978 5.047
先物市場:
NY金先物 598.7 600.9 594.0 600.1
NY原油先物 68.20 69.50 67.95 69.32
シカゴ日経平均先物 17180 17260 17160 17205

(フィスコ) - 4月14日6時30分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060414-00000001-fis-brf

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産45掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。