★阿修羅♪ > 国家破産46 > 216.html
 ★阿修羅♪
国有資産監督管理委員会―― 「大型国有企業の発展のためには、海外での株式上場によって国際的な競争力を強化」【中国情報局】
http://www.asyura2.com/0601/hasan46/msg/216.html
投稿者 hou 日時 2006 年 5 月 09 日 00:21:58: HWYlsG4gs5FRk
 

(回答先: 中国銀行業監督管理委員会の統計――大陸の銀行、総資産40兆元   【人民網日本語版】 投稿者 hou 日時 2006 年 5 月 09 日 00:15:36)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0508&f=business_0508_005.shtml

国資委:国有企業改革で海外企業の役割に期待
2006/05/08(月) 16:54:21更新

  国有有力企業である中央企業を管理する国有資産監督管理委員会(国資委)の邵寧・副主任は、「国有企業の合併や再編、海外進出において、海外企業の役割に期待している」として、海外企業との関係強化を促していく方針を示した。4月28日から30日にかけて開催された「中国−欧州連合企業経営者フォーラム」での発言。8日付で中華工商時報が伝えた。

  邵・副主任は国資委の設立から3年間で中央企業の数が198社から167社に減ったものの、「最終的な目標である30−50社まで削減するにはまだ遠い道のりがある」と強調。これまで行ってきた国有企業改革は中小企業が主な対象だったとして、今後は中国の国情に合った方法を模索しながら、大企業の改革を進めていく考えを示した。

  その上で、大型国有企業の発展のためには、海外での株式上場によって国際的な競争力を強化することや、海外の大型企業の経営管理ノウハウを導入していくことが必要だと述べている。

  中央企業による2005年の売上高は前年比19.8%増の6兆7312.9億元、利益総額は27.9%増の6276.5億元と伸びている。

  しかし国資委の李栄融・主任は今年1月、「国有企業が長年抱えてきた矛盾や問題はいまだに全く解決されていない」として、06年を国有企業改革推進の上で重要な年と位置付け、「国有資産法」「企業破産法」などの法整備を進めていくと明言していた。(編集担当:恩田有紀)


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産46掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。