★阿修羅♪ > 国家破産46 > 404.html
 ★阿修羅♪
“質への逃避”に伴う米金利低下でドル下落111.28円、原油反発/ニューヨーク外国為替市場概況(フィスコ)
http://www.asyura2.com/0601/hasan46/msg/404.html
投稿者 愚民党 日時 2006 年 5 月 23 日 06:46:28: ogcGl0q1DMbpk
 

「為替」 “質への逃避”に伴う米金利低下でドル下落111.28円、原油反発/ニューヨーク外国為替市場概況

「“質への逃避”に伴う米金利低下でドル下落111.28円、原油反発」ニューヨーク
概況 2006年5月23日(火曜日)−株式会社フィスコ 平松 京子/片山 善博

[ニューヨーク外国為替市場概況]
*06:28JST 「“質への逃避”に伴う米金利低下でドル下落111.28円、原油反発」

【ロンドン市場概況】
 22日のロンドン外為市場では、欧州通貨主導でドル売りが優勢な展開になった。
リープシャー・オーストリア中銀総裁やトリシェECB総裁のタカ派的発言、ユーロ圏
の貿易収支が予想に反して黒字になったことなどを材料にユーロ買いが強まり、ユ
ーロ・ドルは1.2735ドルから1.2790ドルまで上昇、ポンド・ドルはファンド筋の活
発な買いもみられ1.8707ドルから1.8776ドルまで上昇した。ドル・スイスは1.2184
フランから1.2127フランまで下落、ドル・円も112円84銭から112円32銭まで下落
し、ユーロ・円は143円43銭から143円78銭の間で上下した。

【経済指標】
ユーロ圏・3月の貿易収支:+12億ユーロ(予想-25億ユーロ、2月-31億ユーロ)

【要人発言】
リープシャー・オーストリア中銀総裁
「ECBは次回の理事会で必要なことを行う」
「物価安定にとっての上方リスクは弱まっていない」
トリシェECB総裁
「ECBはインフレに対して非常に警戒的」
「欧州は他の諸国が世界不均衡の取り組みについての宿題をやることを期待」
ザルム・オランダ財務相
「最近のユーロ高については懸念せず。正常なレンジ内にある」
細川財務次官
「ゼロ金利政策継続で金融面から経済支えてほしい」
「デフレは少しずつ改善しているが、脱却したとは言えない」
【ニューヨーク市場寄付】
ドル・円:112円43銭、ユーロ・ドル:1.2764ドル、ユーロ・円:143円49銭、ポン
ド・ドル:1.8760ドル、ドル・スイス:1.2153フラン

【ニューヨーク市場概況】
週明け22 日のニューヨーク外為市場では、世界株式市場の下落や商品市場の不安定
感を受けた“質への逃避”から債券買いが強まり、米10年債利回りが一時5%割れま
で低下するなど金利低下に伴いドル売りが強まった。ドル・円は112円62銭から短期
投機筋のストップロスを巻き込み111円28銭まで下落し、111円55銭前後で引けた。
ユーロ・ドルはイッシングECB理事によるタカ派発言を受けた追加利上げ観測などが
買い材料になり1.2747ドルから1.2886ドルまで上昇し、ほぼ高値1.2865ドル前後で
取引を終えた。ユーロ・円は143円72銭から143円27銭までじり安となった。ポン
ド・ドルは1.8737ドルから1.8888ドルまで上昇した。ドル・スイスは1.2167フラン
から1.2017フランまで下落した。

【原油市場】
 原油相場は先週までの続落に対する反動から買い戻しが強まり反発した。本日は
原油だけでなく金や銅などの商品市場も売り先行スタート後に先週末終値水準まで
買い戻された。また、イランがウラン濃縮活動に関して「自身の権利を守る」と述
べ、活動停止交渉につく意思のないことを明らかにしたことも買い材料となった。
NYMEX原油先物価格は一旦67.55ドルまで下落後に反発し、69.23ドル(先週末比
1.0%高)で取引を終えた。

【株式市場概況】
NY株式相場は下落。新興市場を含めた世界的な株安や不安定な商品相場が嫌気され
て終日軟調な展開となった。ストック・オプションの遡及付与問題でハイテクも全
般に軟調。セクター別では、公益事業や運輸が上昇した一方、素材や半導体・同製
造装置が軟調。ニューヨーク証券取引所を運営するNYSEグループ(NYX)は欧州の
Euronextに102億ドル規模の大型買収提案を行ったことで下落。ストック・オプショ
ンを過去に遡って付与していた問題で新たにKLAテンコー(KLAC)やCNET(CNET)、
トライデント・マイクロシステムズ(TRID)への疑いが浮上し各社とも下落。ま
た、リーマンブラザーズが投資判断を引き下げたアパレルのアンタイラー(ANN)も
売られた。一方、雑誌バロンズが好意的な記事を掲載したことでヤフー(YHOO)が
上昇。複数のアナリストから投資判断引き上げを受けたタイソンフーズ(TSN)も
4.1%高。ダウ構成銘柄では不安定な商品相場の動向を受けてアルコア(AA)が軟
調。結局ダウは18.73ドル安の11125.33、ナスダックは21.02ポイント安の2172.86で
取引を終了した。商品相場は小幅反発に転じたものの、新興市場諸国からの商品需
要が減退するとの憶測から素材関連株は続落となった。

【通貨オプション】
 ドル・円は、東京市場で113円手前まで上昇するが、NY市場では株式市場の下落
や、債券利回りの低下を受けて111円台前半まで反落した。相場不透明感に伴いオプ
ション市場での変動率は上昇している。1ヶ月物は10.400%から10.800%、3ヶ月物
は10.075%から10.175%、6ヶ月物は9.825%から9.875%へそれぞれ上昇した。
リスクリバーサルでは、様子見気配が強く先週末からの変動は少ない。25デルタ円
コール・ドルプット1ヶ月物は+1.200%で先週末と同水準、3ヶ月物は+1.600%から
+1.500%へ縮小、6ヶ月物は+1.725%で先週末と同水準での推移となっている。

【経済指標】
特になし

【要人発言】
イッシングECB理事
「ユーロ圏経済の予想通りの成長、インフレの加速が確認された場合にはECBは金利
を引き上げる」
ラトIMF専務理事
「米国は更なる金融政策変更が必要」
「日本の金融政策を支持」
「ECB政策はユーロ12カ国の成長の妨げとはならず」
フィッシャー米ダラス連銀総裁(投票権無)
「世界の強い需要がインフレを押し上げる」
「インフレ、インフレ期待には引き続き警戒が必要」
「6月末のFOMCまでには、まだ様々な指標発表がある」
「第2四半期の経済成長は引き続き強い」
「住宅市場は明らかに減速している」
「第1、第2四半期の成長は継続は困難」

【東京市場終値-ニューヨーク市場終値】
為替市場: (始値) (高値) (安値) (終値)
ドル・円 112.63 112.84 111.28 111.55
ユーロ・ドル 1.2744 1.2886 1.2735 1.2867
ユーロ・円 143.51 143.78 143.27 143.54
ドル・スイス 1.2169 1.2184 1.2017 1.2039
ポンド・ドル 1.8720 1.8888 1.8707 1.8871
株式市場:
NYダウ 11143.42 11175.35 11040.07 11125.33
ナスダック 2179.23 2184.57 2156.67 2172.86
債券市場: (始値) (終値)
米国債30年物 5.138 5.132
米国債10年物 5.058 5.040
先物市場:
NY金先物 646.0 658.0 643.5 657.7
NY原油先物 67.60 69.90 67.55 69.23
シカゴ日経平均先物 15770 15820 15625 15735

(フィスコ) - 5月23日6時30分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060523-00000001-fis-brf

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産46掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。