★阿修羅♪ > 国家破産46 > 453.html
 ★阿修羅♪
米商務省が25日発表―― 第1四半期 GDPの伸びは5.3%増  【ロイター】
http://www.asyura2.com/0601/hasan46/msg/453.html
投稿者 hou 日時 2006 年 5 月 25 日 23:52:00: HWYlsG4gs5FRk
 

(回答先: タイのタノン財務相―― 6%の力強い成長率を記録する可能性  【ロイター】 投稿者 hou 日時 2006 年 5 月 25 日 23:46:38)

http://www.bloomberg.co.jp/news/economy/economies.html

第1四半期の米実質GDP改定値5.3%増−在庫と輸出が寄与(3)
  5月25日(ブルームバーグ):米商務省が25日発表した第1四半期(1−3月)の国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)改定値は実質ベースで前期比年率5.3%増と、速報の同4.8%増から上方修正された。ブルームバーグ・ニュースが実施した調査によると、GDP改定値のエコノミスト予想中央値は 5.8%増だった。前期のGDP伸び率は1.7%。

  1−3月期の個人消費は同5.2%増加(前期0.9%増)と、速報の5.5%増から下方修正された。一方、純輸出は6699億ドルのマイナスと、速報の6782億ドルのマイナスからマイナス幅が縮小。GDP寄与度はマイナス0.55%と、速報のマイナス0.84%から修正された。在庫投資は323億ドル(速報値219億ドル)増加した。

  1−3月期のGDP伸び率は2003年7−9月期以来で最大の伸びを維持したが、景気は年末にかけて減速するとエコノミストらはみている。個人消費の減速と住宅市場の軟化に加えて、インフレ抑制を示唆する指標が再度発表されれば、連邦準備制度は利上げを休止するとみられている。

  リーマン・ブラザーズ・ホールディングスのエコノミスト、ジョン・シン氏は、「個人消費と企業投資は思っていたよりも軟調だったが、成長は依然としてしっかりしていた。景気減速が示唆されたのは確かだが、これは成長がより持続可能なペースに落ち着くとの米金融当局の見解と合致する」と話した。

             賃金・給与が上昇

  1−3月期のGDP統計によると、賃金と給与は年率5.8%上昇し、前期の 1.6%上昇(速報の4.8%上昇から下方修正)から伸びが加速した。

  また、連邦準備制度が重視する変動の激しい食品とエネルギーを除いた個人消費支出(PCE)コア価格指数は年率2%上昇し、速報と同じ水準。前期は同 2.4%上昇した。PCE総合価格指数は第1四半期に2%上昇(前期2.9%上昇)した。

  GDP価格指数(デフレーター)は3.3%上昇(前期は3.5%)と、速報と同水準。

  企業設備投資は13.1%増(前期4.5%増)と、速報の14.3%増から下方修正された。機器・ソフトウエア投資は13.8%増(前期5%増)と、速報の 16.4%増を下回った。住宅建設は3.1%増だった。同項目の速報値は2.6%増、前期実績は2.8%増だった。

  政府支出は4.3%増加した。同項目の速報値は3.9%増、前期実績は0.8%の減少だった。

  第1四半期の実質GDPは年率11兆4000億ドル。インフレ調整前の名目GDPは前期比年率8.8%増の13兆ドルだった。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産46掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。