★阿修羅♪ > 国家破産46 > 474.html
 ★阿修羅♪
新生ダイエー 2年目の試練 [ゲンダイ]
http://www.asyura2.com/0601/hasan46/msg/474.html
投稿者 white 日時 2006 年 5 月 26 日 22:35:41: QYBiAyr6jr5Ac
 

□新生ダイエー 2年目の試練 [ゲンダイ]

 http://news.www.infoseek.co.jp/gendainet/story.html?q=26gendainet02026425&cat=30

新生ダイエー 2年目の試練 (ゲンダイネット)
 外部招聘の2トップで再生――再生機構の支援を受け経営再建中のダイエーが、今週26日で新体制発足後1年を迎える。
 林文子会長、樋口泰行社長のコンビで復活に向けて取り組んできたが、これまでは店舗閉鎖、希望退職募集など『負の整理』が大半で、目に見える成果は挙がっていない。06年2月期決算(単独)は営業損益、経常損益ともに8年ぶりの赤字に転落した。結果を問われる2年目、ダイエーの行く手に何が待ち構えているか。
●2トップ
「気になるのは2人のトップの関係です。樋口さんの去就に注目する人もいます」(流通関係者)
 社内の評価はどうか。ダイエー関係者がこう漏らす。
「残念ですが、林会長は実務が分かっていないし、樋口さんは決断力がない。昨年来、ベテランの社員が何人も社を去ったのですが、トップを信頼していれば、そんなことにはならなかったと思いますよ」
●思惑
 不安の種はそれだけではない。バックにいる再生機構とスポンサー企業の丸紅の思惑が異なるというのだ。ベテラン流通ジャーナリストの見方はこうだ。
「丸紅サイドは、立て直しが厳しいとみるダイエー本体よりも、むしろグループのマルエツやセイフーなどを一本化して大きくしたいという意向だとみられています。一方、業務の最終年度を迎える再生機構は、再建計画にメドを立てた上で、国内外の新スポンサーに丸ごと売却したいと考えているフシがある。両者の思惑違いが、今後の再建にどう影響を及ぼすか」
 微妙な問題だ。
●結果
 再生機構とダイエートップの関係も良好とは言いがたい。「再生は時間の問題」とする機構関係者は「店舗閉鎖や非中核事業の売却、新型店の出店など、どれもスピードが遅い」と注文をつける。これに対し「出店を急いでも採算が合わなければ意味がない」と反論する。
 早急に結果を出したい再生機構と、「小売業の再生に奇策はない」とする樋口社長の溝は埋まるのか。
 ダイエーの再生は一筋縄ではいきそうもない。
【2006年5月23日掲載記事】


[ 2006年5月26日10時0分 ]

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産46掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。