★阿修羅♪ > 国家破産46 > 631.html
 ★阿修羅♪
日本株(終了)続落、FRB議長発言の波紋−景気減速下の金利高警戒 (ブルームバーグ)
http://www.asyura2.com/0601/hasan46/msg/631.html
投稿者 愚民党 日時 2006 年 6 月 06 日 19:31:42: ogcGl0q1DMbpk
 

(回答先: 日本債券(終了):大幅安、世界的な金利上昇警戒−株安でも買い控え (ブルームバーグ) 投稿者 愚民党 日時 2006 年 6 月 06 日 19:22:49)

日本株(終了)続落、FRB議長発言の波紋−景気減速下の金利高警戒 (ブルームバーグ)

2006年6月6日(火)17時13分

6月6日(ブルームバーグ):東京株式相場は大幅続落し、日経平均株価
の終値は1月23日以来、およそ4カ月半ぶりの安値に落ち込んだ。前日の米
国市場で、ベン・バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が米景気減
速を認識しつつも、インフレは警戒すると発言したことが日本株にも波紋を呼
んだ格好。一方で、原油価格が再上昇傾向にあるため、世界的に景気減速下で
金利上昇が続いた場合、株式相場への悪影響が懸念された。

  電機や自動車、ゴム製品など輸出関連銘柄に加え、不動産、金融など幅広
い銘柄に売りが先行するほぼ全面安。東京市場は株安、債券安、円安のトリプ
ル安となり、東京市場からの資金の逃避も意識された。東証1部の時価総額は
終値ベースで2月20日以来、500兆円を割り込んだ。

  東証業種別33指数の騰落状況は、下落が32業種、上昇が水産・農林業1
業種だった。東証1部の値下がり銘柄数は1459、値上がり銘柄数は189。

  日経平均株価の終値は前日比283円45銭(1.8%)安の1万5384円86銭。
TOPIXは同27.62ポイント(1.7%)安の1567.30。東証1部の売買高は概
算で15億4154万株と低水準。

  東洋証券情報部の大塚竜太ストラテジストは「きょうの下落の最大の要因
は、バーナンキ議長の発言だ。米景気の腰を折ってまで利上げするとの発言は
衝撃的だ。そこまでするとは思ってもいなかった」と指摘した。

その上で大塚氏は、「今後、米国の地区連銀の要人発言が相次ぐ予定で、
国内材料にめぼしいものがないだけに、米国の金融関係者の発言から当分、眼
が離せない」と話している。

            外国人売りへの懸念

  米FRB議長の発言を受けて、5日の米国株式相場は急落。欧州や中南米
の株価も下落し、日本時間6日午後になってアジア市場の取引も全面的に下げ
たため、外国人投資家のリスク許容度の低下が懸念された。朝方の外資系証券
経由の売買動向は、差し引き870万株の売り越しと観測され、売り越しは9営
業日連続だった。

  また、イランの核開発問題の懸念による原油価格の上昇で、世界同時イン
フレへの警戒観も出ており、国内市場で債券価格が下落(長期金利は上昇)し
たことも、投資家の不安心理を刺激した。
  週末に株価指数先物・オプションのSQ(特別清算指数)算出日を控えて
おり、当限の先物建玉が減らず期先物へのロールオーバー(乗り換え)が進ん
でいないことから、積極的に手掛けづらい面もあった。

  米国景気の後退を懸念し、輸出関連株は連日の下落となった。電機では前
日のフィラデルフィア半導体(SOX)指数が前日比で3%下落したこともあ
り、東京エレクトロン、アドバンテストなどの半導体関連株が下落。ソニー、
キヤノンも安い。一方、自動車もトヨタ自動車をはじめホンダ、日産自動車、
三菱自動車が軒並み下落。デンソーも下落し、東証1部の売買代金上位。

           週末SQへの警戒感強まる

  日経平均先物6月限の建玉は9月限の3倍以上で、依然大きな開きがある。
金利動向の先行き不透明感も深まり、9月限へのロールオーバー(乗り換え)
は進んでいないのが現状で、需給面での不安要素は続きそうだ。期先物の期限
となる9月までにはゼロ金利解除があるとの見方が市場のコンセンサス。この
ため「先物のコストを判断する金利動向が読めず、今回はロールオーバーの判
断が悩ましい」(東洋証券の大塚氏)特殊な環境だという。

            2月安値割れの不安

  山丸証券投資情報部の長森伸行テクニカルアナリストは、「この日、2月
の安値を切ってしまったことで、株価はさらに弱含むと思う」と、チャート分
析の観点から警戒感を示した。4月21日の戻しが403円、5月8日が385円、
同26日が371円、6月2日が322円と、「どんどん戻し幅が小さくなってお
り、需給やセンチメントが悪化している様がみてとれる。1日で400円超戻す
日がポンと出ないと、流れが変わらない」(長森氏)という。

  逆三尊を形成すると考えれば、02年2月6日(9420円)から5月27日
(1万2081円)の上げ幅、2559円が基準となり、06年4月7日の高値1万
7563円から2559円引いた1万5004円が次の節目になるそうだ。

           村上氏逮捕の影響は限定的

村上世彰容疑者(証券取引法違反容疑で逮捕)率いる投資ファンド(通
称:村上ファンド)関連の銘柄は前日反発から一転、この日は、ほとんどが下
落した。市場では、「事件の影響は織り込んでいる」(日興コーディアル証券
エクイティ部の西広市部長)との声も多いが、TBSやUSEN、松坂屋など
多くが下落した。

  村上ファンド銘柄の下落が他の株価にまで影響するとの見方はないが、フ
ァンドが保有する銘柄については「ファンドの解約から売りが出る可能性があ
る」(東洋証の大塚氏)との見方もある。

             FRB議長発言

  バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は5日、全米銀行協会主
催の国際金融会議で講演し、米国経済は移行期にあり、「予期された、景気の
穏やかな減速が今や現実になりつつある」と語った。
  一方で、「インフレの中期的な見通しは、特に注目するに値する」とも語
り、物価上昇リスクのほうが景気減速のリスクを上回るとの考えを示唆した。

  このため、米国株式相場は下落。バーナンキ議長の発言が、景気減速して
も利上げは続くことを示唆すると解釈され、株売りにつながった。
  また、米国債相場も下落。バーナンキ議長の「タカ派発言」きっかけに、
今月29日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが実施され、2年に及
ぶ利上げサイクルは終了しないとの観測が再燃した。

ニューヨーク外為市場ではバーナンキ議長の発言がドル買いの手掛かりに
なり、1ドル=112円21銭までドルが対円で上昇した。

  余波は中南米市場にも到達。5日の中南米市場では、ブラジルやアルゼン
チン、メキシコの株式相場が軒並み下落。原油価格の上昇を受け、世界的に景
気が減速し、中南米地域の商品に対する需要が鈍化するとの懸念が広がった。
ブラジルのボベスパ指数は、04年4月以来で最大の下落となった。米国に先立
つ欧州市場も、ダウ欧州株価指数が前週末比0.6%安の318.94と軒並み安だっ
たため、世界的な株安懸念につながった。

明けて6日のアジアの株式市場も下落。午後4時40分現在、ムンバイS
ENSEX30種は1000ポイント割れ、香港 ハンセン指数、中国 上海総合指
数、シンガポールST指数など主要株価指数は、いずれも下落している。

        原油はイラン核開発問題への懸念で上昇

  米景気への不安に追い討ちをかけたのがニューヨーク原油先物相場の上昇
だ。先物価格は3週間ぶりの高値に押し上げられた。イランの最高指導者ハメ
ネイ師が、米国の行動はペルシャ湾地域からの石油出荷を滞らせるリスクがあ
ると発言したのが背景。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引される
原油先物7月限終値は、前週末比27セント(0.37%)高の1バレル当たり
72.60ドルだった。

            新興市場は乱高下

  新興市場は乱高下。3市場とも前日を上回る場面はあったものの、午後に
なって勢いを失い、ジャスダック指数、東証マザーズ指数、大証ヘラクレス指
数とも反落した。ジャスダック指数は前日比1.60ポイント(1.6%)安の
98.74。前日回復した100ポイントを割り込んだ。東証マザーズ指数は同38.56
ポイント(2.8%)安の1355.30。大証ヘラクレス指数は同47.50ポイント
(2.1%)安の2176.34。

  ジャスダック市場では、居酒屋チェーンのコロワイドや足利銀行など複数
社の出資を仰いで、総額72億円の資本増強を行って、抜本的に経営の建て直
しを図ると発表したステーキレストランの宮が急落。楽天、ネプロジャパン、
日本ゲームカードが安い。

半面、ゲームや音楽ソフトを販売する主力店舗の新規出店や借入金返済の
ために公募と第三者割当増資で手取額約25億円を調達すると発表したワンダ
ーコーポレーションが上昇。ファンコミュニケーションズ、ユニバーサルソリ
ューションシステムズ、エフティコミュニケーションズが高い。

  東証マザーズ市場では、かつて村上ファンドが4位の大株主になったこと
があるサイバーエージェントが急落。サイバー・コミュニケーションズ、アル
デプロ、日本ベリサインも安い。

半面、パソナ傘下で年商20億円の売り上げがあるパソコン教室を買収す
ると発表したスリープログループが反発。利益率の高い製品の売り上げ増で、
採算が向上することを理由に、予想利益を上方修正したアルチザネットワーク
スが急反発。ディー・エヌ・エー、アイ・シー・エフ、WOWOWが買われた。

  大証ヘラクレス市場では、村上ファンド関連銘柄のUSENが反落。新規
上場のSBIフューチャーズが下落し、ダヴィンチ・アドバイザーズ、エイ
チ・エス証券も安い。

半面、5日に新規上場し、買い注文が殺到して値が付かなかった夢の街創
造委員会は、上場2日目に130万円の初値が付いた。公募価格45万円からの
上昇率は2.9倍。終値は110万円だった。新規上場のスタイライフも上昇し、
大阪証券取引所も急伸した。

記事についての記者への問い合わせ先:
東京 松井 博司 Hiroshi Matsui hmatsui@bloomberg.net

http://money.www.infoseek.co.jp/MnJbn/jbntext/?id=06bloomberg12a2ZtoBuLatlE

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産46掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。