★阿修羅♪ > 国家破産46 > 643.html
 ★阿修羅♪
IMF第一副専務理事、谷垣財務相に財政再建加速を求める=財務省幹部 (ロイター)
http://www.asyura2.com/0601/hasan46/msg/643.html
投稿者 愚民党 日時 2006 年 6 月 07 日 07:00:04: ogcGl0q1DMbpk
 

IMF第一副専務理事、谷垣財務相に財政再建加速を求める=財務省幹部 (ロイター)

2006年6月6日(火)19時17分

 [東京 6日 ロイター] クルーガーIMF(国際通貨基金)第一副専務理事は谷垣財務相と会談し、日本の財政再建の加速をあらためて求めた。谷垣財務相もIMFと方向性は一致しているとしてが、具体策については検討中の歳出・歳入一体改革の選択肢と工程表で詰めていきたいと答えた。また会談では、ゼロ金利政策や人民元を含む為替政策などは話題に出なかった。

 同席した財務省幹部が明らかにした。

 財務省幹部によると、協議のメインテーマは日本の財政構造改革のスピードについて。IMFは5月24日の年次審査で日本に対して財政健全化のペースを加速するよう求めている。日本政府は2010年代初頭のプライマリーバランス(基礎的財政収支)黒字化目標を掲げているが、これは年率0.5%程度の改善で、改善ペースを0.75%程度に加速するよう求めた。また、歳出削減のみで債務残高の対GDP比を安定化させるのは不可能で、消費税の引き上げは不可避であるなどと提言している。

 クルーガー第一副専務理事は同年次審査を踏まえ、日本の財政構造改革の加速を要望。これに対して谷垣財務相は「財政再建のペースを早くする必要があるということについてはIMFとスタンスは一致しているが、具体的なことについては、歳出・歳入一体改革の選択肢と工程表の議論になる」と説明。プライマリーバランス黒字化のために必要な財源の半分以上は歳出削減で進める考えなどを説明した。

 また、同第一副専務理事は日本経済について「全体的によくなってきており、デフレからも脱却しつつある。銀行の不良債権問題も解決しつつある」と評価する一方、「さらに構造改革を進め成長率を高める必要がある」と指摘したという。

 5月の年次審査報告でIMFは日本に対して「ゼロ金利政策の継続」などを提言しているが、きょうの協議では金融政策についてのやりとりはなかったという。

 同第一副専務理事は年1回行われるIMFの4条協議(加盟国の政策当局者と行うマクロ経済政策に関する協議)のために来日。IMFは同協議を踏まえ8月に報告を行う。

http://money.www.infoseek.co.jp/MnJbn/jbntext/?id=06reutersJAPAN216168

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産46掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。