★阿修羅♪ > 国家破産46 > 698.html
 ★阿修羅♪
(世界経済リポート) 航空熱高まる、湾岸諸国 【朝日新聞】
http://www.asyura2.com/0601/hasan46/msg/698.html
投稿者 愚民党 日時 2006 年 6 月 12 日 07:28:04: ogcGl0q1DMbpk
 

【経済面】2006年06月12日(月曜日)付
(世界経済リポート)航空熱高まる、湾岸諸国

 中東のペルシャ湾岸諸国で、空港の拡張や航空会社の新設競争が続いている。世界で多くの航空会社が原油高にあえいでいるが、産油国は原油高のおかげで地域経済が盛り上がり、航空業界の追い風となっている。なかでもアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ、アブダビの2首長国とカタールは、都市や国家の威信向上を目指して、三国志さながらの競争を繰り広げている。(ドーハ=貫洞欣寛)

昨年11月のドバイ航空ショーでエアバス社の展示に見入る人々。湾岸地域に対する航空機業界の視線も熱い

湾岸諸国

●新空港完成待てず拡張 カタール

 カタールの首都ドーハ。40度を超える熱気の下で、ドーハ空港拡張工事のクレーンが動く。その数キロ先で、新空港用地の埋め立て作業も進む。

 来年完成する予定の現空港の拡張(予算2億ドル)と、09年開港の新空港の建設(55億ドル)を、同時に行っているのだ。

 新空港は4千メートル級滑走路2本で、旅客の処理能力は最大年5千万人。人口約80万人の国が、成田を上回る規模の空港を持つことになる。

 現空港は、新空港ができれば取り壊される。それでも拡張を進めるカタール民間航空庁のヌアイミ長官は「需要が増えすぎて新空港の完成を待てない。すぐ2億ドルが無駄になる? 国全体が成長するチャンスを逃す方が痛い」と笑みを浮かべる。

 高い自治権を持つ七つの首長国でなるUAE。そのひとつ、ドバイ首長国のドバイ空港では、処理能力を年7千万人に増やす拡張工事が年内の完成を目指して進む。

 昨年の乗降客は約2400万人で、国際線で世界11位。ドバイ航空当局は、25年に1億人に達すると予測する。約40キロ離れた地域に滑走路6本を持つ新空港も計画中だ。

 首都があるアブダビ首長国のアブダビ空港では、昨年新ターミナルが完成。今年の乗降客は前年比19%増の670万人を見込み、勢いに乗る。10年までに年間乗降客2千万人を目指し、さらに拡張する予定だ。

 湾岸地域では、こうした空港の拡張・新設計画が目白押しだ。後押ししているのが原油や天然ガスの価格の高騰だ。

 02年には平均1バレル=20ドル台だった原油はいま70ドル前後。日本エネルギー経済研究所中東研究センターによると、この水準が続くと、UAEでは今年の石油輸出収入は前年比25%増の約570億ドルにのぼる。4年間で約3倍に膨らむ計算だ。

 懐が豊かになり、空港投資も重荷ではない。好景気が世界中から人と企業を引き寄せ、それがさらに景気を押し上げ、空港拡張を促している。

 国際航空運送協会によると、昨年の中東の旅客輸送量は前年比13・1%増で世界最高の伸び。09年までの予測では、中東―アジア太平洋路線の乗客は6・7%増え、アジア域内路線に次ぎ世界2位の増加率になるという。


●すでに中東の物流拠点  ドバイ 

 ドバイ、アブダビ、カタールは、「空路強化」でもしのぎを削る。目指すは中東の「経済首都」の座だ。

 一歩リードしているのが、石油の枯渇に備え金融や貿易、観光の振興を進めてきたドバイ。85年にエミレーツ航空を創設。高レベルのサービスと、アジアと欧州の中間という地理条件を生かし、「世界のハブ」として売り込んだのが当たった。

 中東の一大物流拠点となり、各国の企業が集中。日本からも約150社が進出している。

●イメージ向上へ新会社 アブダビ

 石油や天然ガス資源が豊かなアブダビとカタールは、経済力ではドバイと肩を並べる。が、企業・商業集積や観光客誘致で後れを取り、「資源だけの国」という印象をぬぐいきれない。

 そこで、ドバイと同様に自前の航空会社を新設し、イメージ向上と経済の多角化を図ろうとしている。

 バーレーンなどと「ガルフ航空」を共同運航してきたアブダビは、03年に独自のイティハド航空を立ち上げ、「毎月、新路線を開設」を目標に31路線を開いた。

 ブラウン広報部長は「首都にぜひフラッグキャリア(国を代表する航空会社)を、と創業した」と語り、商都・ドバイへの対抗意識をにじませる。

 カタールは97年、「出稼ぎ労働者の帰宅便」(ヌアイミ長官)だったカタール航空の経営を刷新。「五つ星サービス」を掲げてビジネス客を引きつけ、ドーハを湾岸のハブ空港とすることを目指す。乗客は例年3〜4割増え、昨年は630万人となった。

 ヌアイミ長官は「新鋭機ぞろいのカタール航空が各国に飛ぶことで、我が国のイメージは大きく向上した。ドーハは単なる『ガス田』ではなく、ビジネスと科学技術のハブを目指す」と語る。

http://www.asahi.com/paper/business.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産46掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。