★阿修羅♪ > 国家破産46 > 702.html
 ★阿修羅♪
忘れている信用リスク 【Nevada経済速報6月12日(月)】
http://www.asyura2.com/0601/hasan46/msg/702.html
投稿者 愚民党 日時 2006 年 6 月 12 日 18:56:12: ogcGl0q1DMbpk
 

Nevada経済速報6月12日(月)12:05
...2006/06/12(Mon) 12:08:54...


-----------------------------
忘れている信用リスク
-----------------------------

世界中からリスクマネーが消えていっていますが、このような中、大手格付け会社が【フォードモータース】を<BB格>から2段階格下げして<B+>としており、このままいけば、デフォルトが避けられない事態に追い込まれます。
多くの投資家が忘れていた信用リスクが、実は残っていたのです。
日本では【飛島建設】株がじわりじわりと売られてきており、90円にまで値を下げてきています。
金融機関の債権放棄で何とか再建は終わったのではないか?と見られていましたが、株価はその先を読み始めているのです。
Vol.37 ワールドレポート(2006年6月15日)では詳しく解説させて頂きたいと思います。


※転送・転載厳禁


Nevada経済速報6月11日(日)12:40
...2006/06/11(Sun) 12:44:14...


---------------------------------------------
大和重工を組み入れる投信の設定:瀬戸内応援団
---------------------------------------------

新光投信は広島地盤(組み入れ比率54.7%)、山口県地盤(同20.6%)、岡山県地盤(同15.3%)、愛媛県地盤(同9.4%)の投資信託を募集すると発表しています。
所謂、ご当地ファンドといわれるものですが、この手のファンドは、組み入れ銘柄も決まっており、今回の発表では、【大和重工】(広島地盤)もリストアップされています。
主要組み入れ銘柄は、マツダ、中国電力等になるでしょうが、株価的には資本金が小さい会社の株価に大きな影響を与えます。
特に、【大和重工】は、株価収益率も20倍以下になっており、業績も好調となっており、一旦組み入れられますと株が市場から吸い上げられますから、株価への影響は非常に大きなものとなる筈です。
株価は年初来安値近辺まで下落している今、今後の反発は非常に大きいものになるかも 知れません。


※転送・転載厳禁


Nevada経済速報6月10日(土)14:45
...2006/06/10(Sat) 14:55:56...


---------------------------------------
じりじり上昇する細谷火工株と変貌
---------------------------------------

大方の株が急落する中、逆行高を演じる株もあります。
一貫してお奨めしてきています【細谷火工株】(店頭:4274)もその一つです。
先日、株主総会案内と共に、第55期報告書が送られてきましたが、その中に記載されていた4つの事項に注目が集まっているのです。
以下は、その要旨です。

1.当期経常利益は前期比68.4%増、純利益は
  86.4%増 ⇒ 業績の急拡大

2.当期から日本原燃へ核燃料再処理剤も納入し、
  来期に向け拡大の期待 → 先端技術の開花 ⇒ 業績変貌へ

3.採算に乗らない製品からの撤退 → 遊休地の活用・売却
  の地ならし ⇒ 含み資産の顕在化

4.人工衛星燃料の開発 → ハイテク企業への道 ⇒ 夢のある企業へ

【細谷火工】は、非常に小さい会社(発行済み株数は403万株)であり株主数も509名しかいません。
このような会社が、いままでこつこつと行ってきました技術開発が徐々に花が開いてきたものであり、いまや業績が急上昇してきているのです。

(一株益の推移)
13.98円 > 15.15円 > 28.27円 > 32.2円(予想)

実際には、今期は40円以上の利益が見込まれ、来期には50円を越えてくるかも知れません。
新規開発によりましては、更に夢のような一株利益100円も想定されるのです。
今の株式市場は、“夢”をなくして現実しか見ていませんが、今後市場の混乱が増せばますほど、“夢”のある企業の株価は、リスクマネーを集めて急騰するかも知れません。
1989年のバブルの際には、Qレシオ等という全く新しい尺度で株価をはかり、とんでもない株価が出現していましたが、【細谷火工】にも新しい投資尺度が当てはまれば、もの凄い高株価が出現してもおかしくはありません。
一気に走り出すのか、それともじわりじわりと上下動を繰り返しながら、気がつけば上がっていたとなるのか・・・。
興味はつきませんが、稀少金貨と同じで【細谷火工】の株が買えなくなる日も来るかも知れません。


※転送・転載厳禁


Nevada経済速報6月9日(金)13:10
...2006/06/09(Fri) 13:14:03...


---------------------------------
世界的に進む金融市場のメルトダウン
---------------------------------

日経平均2万円以上になると言っていた株式関係者の強気の言葉が嘘のように、いまや専門家達は青ざめています。
そして証券会社には、個人投資家から電話が殺到しているところもあるようです。
そして、株・商品先物も終わったと以前述べましたが、いまや金(ゴールド)も、急落してきており、ニューヨーク市場では、1オンスあたり600ドル割れも視野に入ってきています。
株であれ、金であれ、原油であれ、他の商品であれ、ありとあらゆる金融商品から資金が逃げ出してきているのです。
そして、この動きは、急落>小休止>急落>小休止を繰り返しながら、最後には世紀の大暴落とつながっていきます。
ここ暫くは、この第一次小休止状態に入りますので、動きは小さくなっていきますが、それもいつまで続くでしょうか?
そして徐々に上げ下げの振幅が激しくなり、第二次急落期に入っていきます。

先日、『一つの時代が終わった』としましたが、これを分からない個人投資家は、最後の最後まで株式・商品先物にしがみつき、気がつけば全てを失っていたということに気がつくでしょうが、これからの<勝ち負け>は人生を狂わすほどの大きなインパクトを与える筈です。
今回の金融市場の混乱でも『稀少金貨を中心にした長期的な資産ポートフォリオ』を組まれている方は、『来るべきもの(混乱)が来た』として平然とされておられますが、この心の平然・安泰があるかないかでは、大違いとなります。
株・商品先物に資金の大半をつぎ込んでいる個人は、パニックになっている方も多くいるからです。
片や平然としている、片やパニックになっている。
今後、この差はもっと拡大していくことになります。
【稀少金貨】の在庫は、2億円を下回っておりますが、この2億円の在庫が消える時、世界の金融市場の混乱はピークに達していることと思います。
そして、多くの方が『買えない』恐怖に直面することになるかも知れません。


※転送・転載厳禁


http://www.collectors-japan.com/nevada/wr_sokuhou_fr.html

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 国家破産46掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。