★阿修羅♪ > ホロコースト3 > 434.html
 ★阿修羅♪
偽ユダヤ人カザール問題の解決法(7)
http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/434.html
投稿者 木村愛二 日時 2006 年 9 月 07 日 21:27:29: CjMHiEP28ibKM
 

辛口時評060907

偽ユダヤ人カザール問題の解決法(7)

カザール(ハザール)の歴史を広く知らせることが、この「解決法」の基礎であろう。

 以下は、電網(インターネット)検索で出てきた頁の抜粋である。
----------------------------------------------------------
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fha401.html
[中略]
クリミア半島のハザール人

●ハザール王国は極めて国際的な国であった。ハザール王国は近隣諸国と盛んに交易を行ない、ハザール商人は中継貿易をしていた。7世紀末にハザール王国に併合されたクリミア半島の港町カッファ(現フェオドシア)は、交易の拠点として特に重要な都市であった。ここを拠点にして、ハザール商人はイタリアのジェノバやベネチアにも進出していった。

11世紀から16世紀にかけてジェノバやベネチアの商人たちは、クリミア半島のことを「ハザリャ」とか「ガザリア」と呼んでいたが、これは「ハザール」に由来している。また、ジェノバとベネチアの商人のほとんどはユダヤ人であった。

10世紀初頭のハザール王国

●1243年、ハザール王国の首都だった場所に「キプチャク汗国」が誕生したが、ハザール人の一部は、王国崩壊後もクリミア半島に残り続けた。ハザール王国の交易の拠点として特に重要な都市であったカッファは、依然としてジェノバやベネチアと交易を続けた。そして、外部からの侵略に備えて厳重に防備を固めるようになった。

●1346年、「キプチャク汗国」がクリミア半島に攻め込んできた。モンゴル軍はカッファの城塞を包囲した。軍勢を率いるのはキプチャク汗国の皇帝ジャニベグ・ハン。この城塞を陥落させて、ユダヤ商人の富を奪い去ろうと決然と攻撃を仕掛けてきたのである。

しかし、ハザール王国最後の都市ともいえるカッファは難攻不落で、数週間が過ぎてもモンゴル軍が目的を達成する見込みはほとんどなかった。皇帝ジャニベグ・ハンはこのまま攻撃を続けるべきか、それとも潔く撤退するか迷い始めた。
[後略]
----------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/
憎まれ愚痴

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > ホロコースト3掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。