★阿修羅♪ > 雑談専用19 > 694.html
 ★阿修羅♪
徳川家から見た近代日本 幕府と長州の「戰ひ」は今日まで連綿と續いてゐる
http://www.asyura2.com/0601/idletalk19/msg/694.html
投稿者 石工の都仙臺市 日時 2006 年 8 月 27 日 03:45:01: Gsx84HOp6wiqQ
 

 
 
 

月刊Voice九月號
徳川家から見た近代日本 幕府と長州の「戰ひ」は今日まで連綿と續いてゐる より引用
二百三十七頁
 
 
北康利(作家)
徳川家に對して、長州閥の人々はごく最近まで、”色々仕掛けてきてゐた”やうですね。
 
 
徳川家廣(飜譯家)
・・・・・(笑)。例へば「三百年のベール」。徳川家康の出自の謎を「解き明かした」明治
のトンデモ本「史疑」の内容を紹介し、また其の本が世に出なかつた經緯を書いたものです。
此の著者の南條範夫氏は、一高、東大と進み、商工省から滿州國に行つて、戰後には時代
小説の大家と成つてゐるのは、皆さんご存知のとほりですが、實は舊制山口中學卒でもあ
ります。詰り、岸信介と物凄く近い人なのですね。
 兔に角、長州藩閥人脈の方達は、大日本帝國の歴史を正確に記述される事を非常に恐れ
てゐる筈です。英吉利のバックアップを得て國を造り、シベリア出兵の失敗によつて中樞
から一時追ひ出されるものの、其の後、滿州事變を畫策する事で強引に權力を奪還して、
最後は大日本帝國の領土を失はせてしまつた。
 終戰時の日本の領土は明治維新時よりも狹く成つてゐました。一人當たりのGNPでいつて
も、低く成つてゐたのではないか。此の樣な事實から國民の目を逸らし、責任逃れするには、
前任者に罪を擦り附ける ― 江戸時代が暗黒時代だつたと喧傳するしかない譯ですね。
 
 
谷澤永一(關西大學名譽教授)
成る程。近世の研究をしてゐても、未だ分からない事が澤山有りますが、近代に至つては、
まだまだ時代を動かした本當の事實が明らかに成つてゐないと云ふ事ですね。此れは一寸、
歴史學の埒内では書きやうがないですね。
 
 
 
 

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 雑談専用19掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。