★阿修羅♪ > 雑談専用20 > 140.html
 ★阿修羅♪
このような裁くと言う性癖を捨てきれないのが人間の性なのでしょうか?
http://www.asyura2.com/0601/idletalk20/msg/140.html
投稿者 haru 日時 2006 年 9 月 03 日 20:55:33: tQR1Zy22P.JHM
 

人間には正邪両方が備わっているのだと思います。
そして、人を非難する場合、己の醜さを知るが故に、
人々を非難しがちなのだと思います。
善の人ほど、自己に対して無頓着であり、
悪の人ほど、罪の意識が強いと行った相反する場合も存在します。

http://www.yk.rim.or.jp/~mitsunob/g-self/r04-10.html
より
以下転載
>最も強力な“うぬぼれ鏡”は自分には“うぬぼれ”などはないとする思い違いです。自分は謙虚で、寛大で、教養も、思いやりもあると思っている“よくできた人たち”が、最も始末に負えないのです。自分が人よりすぐれているという思い自体が、そもそもそれに“とらわれ”ている“うぬぼれ”にほかなりません。この現実を“ありのまま”に捉えることは、思っているより大事業なのです。

このようなことから、過去の戦争を考えた場合、左右両勢力、または、共産主義、
キリスト教、攘夷論者、各陣営ともに正義のもとに行動していたのではないのか?
との推測が成り立ちます。

また、そのような人々を利用し動かす力、が背後にあったことは否定できません。

歴史が証明してきたことは、それらの人々の行動の愚かさ、罪に焦点を当てたものが殆どです。上辺だけの人物評価では、正当な評価を下すことは難しいのだと思います。
これらの人々を利用する力があり、利用された人々がまことに多かったというのが真相なのではないでしょうか?
そして、それらの利用しようとする人々でさえ、正義の名の下に行動してきたという結果なのかもしれません。

以上のことから、善と悪は元々人間に備わっているものであり、そこから離脱する為の「この現実を“ありのまま”に捉える」大事業が我々の未来に必要なことなのだと思われますが、、いかがでしょうか?

ごくごく曖昧ですが、過去や現在、裁くことに多くの目が集められ、創造することに
何の注目も集まっていないと言う現実がある様な気がいたします。

陰謀論では、ユダヤ人、フリーメイソン、北朝鮮、、、
などが悪玉に、歴史史観では、ドイツ、日本、米国、ソ連、中国、、
などもやはり悪として描かれます。
神を信じていない我々、多神教の日本人が悪魔の存在に怯えるというのも、
不自然なように思われますが。

それとも、このような裁くと言う性癖を捨てきれないのが人間の性なのでしょうか?

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用20掲示板


フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。