★阿修羅♪ > 雑談専用20 > 201.html
 ★阿修羅♪
法律とは、個人の自由を守るための治安維持のために最低限の範囲で行使される手法・技法である。(通説に沿いますが私見を含む)
http://www.asyura2.com/0601/idletalk20/msg/201.html
投稿者 乃依 日時 2006 年 9 月 11 日 22:17:45: YTmYN2QYOSlOI
 


半年ほど前、なぜ、合格点なのか、基準を示してくれという、
要望があったので、遅ればせながらお答えします。

この掲示板で出てきたのは、
道路交通法や、知的財産権に関係した話題でした。

そこで、通説に沿った形で私見を交え簡略に語ってみたいと思います。

結論としては、法律の行使というのは、

個人の自由を守るための治安維持のための手法・技法として、
最低限の範囲で行使されるべきと言うことになります。

自由を第1前提とする、日本などでは、治安維持は、個々人の自由を確保するための方法と位置づけられているからです。
この考え方に立脚する国家を自由主義国家と呼びます。

下に参考文献を挙げます。
藤本 哲也 氏は、「共謀罪」推進派ですが、
刑事政策概論としては、優れていると考えられるので、挙げておきます。
どちらも、有名な書籍なので、図書館や有名書店などで目にすることができるでしょう。

法律のプロの方など、私の素人じみた見解に異議があれば、ご自由にご意見ください。閲覧者の参考になると思います。


・参考文献
芦部 信喜 『憲法』 
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4000227270/

藤本 哲也 『刑事政策概論』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4417013764/

・Wikipedia
芦部信喜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%A6%E9%83%A8%E4%BF%A1%E5%96%9C

藤本哲也
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%9C%AC%E5%93%B2%E4%B9%9F

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用20掲示板


フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。