★阿修羅♪ > 雑談専用20 > 295.html
 ★阿修羅♪
アメリカとの公平な貿易は可能か?
http://www.asyura2.com/0601/idletalk20/msg/295.html
投稿者 考察者K 日時 2006 年 10 月 01 日 21:30:29: JjkI8nWTpj0po
 

こんな記事があったようである。
http://www.h7.dion.ne.jp/~karousi/060922911taiterohikyouryokunara.html
記事は「黙っていられるかい」に引用されたものである。

簡単に言えば「パキスタンは脅されて、対テロ戦争に協力させられた」と云うことである。

こんな事は許される事ではない。
これは立派な恐喝行為である。銀行強盗が凶器を突きつけて金庫を開けさせるのと何ら変わらない行為なのだから、これが許されるのなら、この世に正義はないと言えるだろう。

しかし、現実的には「その許されない行為が行われている」のである。

アメリカはマンガのドラえもんのジャイアンと同じである。圧倒的な力を持つ無法者といえる。しかし、のびた(日本)ではどうにもならないので、黙って従うしかないという状況である。マンガと違う点はドラえもんがいないので「間違いは是正されない」と云う点である。お先真っ暗と云うことである。

ただ、ジャイアンにも多少は良心があるように、アメリカにも「良心を有している人は多く住んでいる」
そこと協力する事でアメリカ自身に変わってもらうのが、唯一の解決策だろうか?
多分であるが、力という方向ではアメリカに対抗しうる国は存在しない。
国連という各国の話し合いの場すらアメリカ主導の感は否めない。そうでなくても拒否権があるので「アメリカを止めることはできない」だろう。

既に多くの国がアメリカに食料を依存している状況になっている。
日本などは食料自給率から考えば、自己主張などできる立場にはないと言えるだろう。

マンガ・はみだしっ子においてグレアムはアンジーより「強い立場」であった。
マンガ・トーマの心臓においてユリスモールは「親の負債のために苦しい立場」であった。

公平とか正義というもので割り切れない現実は間違いなく存在するのだろう。

しかし、その中で「何をしていけば、そのような部分を是正できるのか?」
個々の力では「たいした事はできない」
しかも、その個々が自己主張の中で対立しているのだから、救いようはない。

それでも、諦めずに「方向を見定めなければ、未来永劫希望すらない」と云うことになるのだろう。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用20掲示板


フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。