★阿修羅♪ > 雑談専用20 > 494.html
 ★阿修羅♪
法律論の勘違い。法は人を縛るためではなく、守るためにある。
http://www.asyura2.com/0601/idletalk20/msg/494.html
投稿者 考察者K 日時 2006 年 10 月 19 日 07:02:39: JjkI8nWTpj0po
 

Kは思うのだが、「多くの人が勘違いしている」と

基本的に「法は人を縛るためではなく、人を守るためにある」と云うことをである。

人は基本的には「全ての自由が保障されている」のだろうと思う。
しかし、それは同時に「自分以外の人の自由も保障されているのであり、そこを侵害する事は許されない。」と云う事を承認事項としているのである。

多くの人が「自分の自由」だけを考えている。
また、多くの人が「法は自分を縛るためにある」と考えている。

その辺は「法を作る者」にも勘違いがある。
「本来、規制とか義務というのは必要最低限」にすべきなのである。
本来、人間と云う生物は「面倒を嫌う」のである。
それを「複雑怪奇な手続きが必要なような法を作って規制しようとする」から、人から「法を守ろう」という意識が生まれ「法の抜け道を探すような犯罪行為が蔓延」していく。

阿修羅においてもある傾向が見受けられる。
「排除」に対してはKは一部の例外を除き「反対」を主張してきた。
阿修羅においても「主張」は「全て自由」なはずであり、仮に「反政府者をぶっ潰せ!」なるものでも問題はないだろう。
問題があるのは「他人の自由な投稿の侵害に値する場合」であろう。
つまり「自分の主観に反する投稿をしたから排除」が「一番悪い排除論」だろうと思う。

特定個人の個人情報を流出させるような投稿や、あきらかに法に抵触するような投稿は問題外(阿修羅の存在自体に危険もある)だろうが、それ以外は基本的には「投稿する自由は思想・信条に関係なく許される」べきである。ただし、その事には当然ながら「反論も自由」である。

ただし、他の投稿者にいちじるしい「不快を与える」投稿の場合と、いちじるしい場所を占める「馬鹿の一つ覚えのような大量投稿」とか、「特定個人を狙い打つような、誹謗中傷投稿」に対しては、規制も必要なのだろうとも思う。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用20掲示板


フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。