★阿修羅♪ > 地域10 > 195.html
 ★阿修羅♪
先住民と海】World Whaling Aotearoa \ New Zealand( WCW) 機械翻訳
http://www.asyura2.com/0601/ishihara10/msg/195.html
投稿者 Kotetu 日時 2006 年 9 月 23 日 11:02:22: yWKbgBUfNLcrc
 

(回答先: 先住民と海】将来に向けての捕鯨 野本 正博(アイヌ民族博物館学芸員) 投稿者 Kotetu 日時 2006 年 9 月 22 日 16:22:04)

World Whaling
世界捕鯨

Introduction / MAP - Aotearoa - Canada - Caribbean - Faroe Islands - Greenland - Iceland - Indonesia - Japan - Norway - Philippines - Russia - USA
導入/マップ - アオテアロア - カナダ - カリブ海 - フェロー諸島 - グリーンランド - アイスランド - インドネシア - 日本 - ノルウェー - フィリピン - ロシア - USA

Aotearoa \ New Zealand
アオテアロア\ニュージーランド

New Zealand Maori represent one of the most southern whaling cultures in the world. The relationship of Maori with cetaceans dates back to Hawaiki, the ancient homeland of central Polynesia, from where Maori trace their descent.
ニュージーランドマオリ語は、世界で最も南の捕鯨文化のうちの1つを意味します。クジラ類と一緒のマオリ語の関係は、マオリ語が彼らの降下をたどるところから、Hawaiki(中央ポリネシアの古代祖国)にさかのぼります。

From the moment of the arrival of Maori in Aotearoa (New Zealand) whales were utilized. Some of the earliest traditional stories about the great Polynesian migration from Hawaiki to Aotearoa (New Zealand) speak of the utilization of whales as food when arriving in Aotearoa. Archaeological evidence has revealed numerous small harpoon points, suggesting opportunistic hunting of at least dolphins and other smaller cetaceans, while strandings were the primary source of large cetaceans.
アオテアロアのマオリ語の到着の瞬間から(ニュージーランド)クジラが利用されたこと。アオテアロアに到着するとき、Hawaikiからアオテアロア(ニュージーランド)へのたいへんなポリネシアの遊走について最も初期の伝統的な記事のSomeは食物としてクジラの利用について話します。困窮が大きなクジラ類の主要なもとである間、考古学的な証拠は、少なくともイルカと他のより小さなクジラ類の日和見主義的な狩猟を提案して、多数の小さな銛点を明かしました。

Elders giving evidence before the Waitangi Tribunal in the Muriwhenua Fisheries Settlement process spoke of their ancestors pursuing whales further than 25 miles from shore and how small cetaceans were captured by set nets. There are many places around the coast of Aotearoa traditionally known by Maori as being predisposed to whale strandings. There are many place names, stories and traditions associated with these locations.
Muriwhenua Fisheries SettlementプロセスにおいてWaitangi Tribunalの前に証拠を与えているエルダースは、岸から25マイルより遠くクジラを追いかけている彼らの先祖と小さなクジラ類が決められたネットで捕らえられた方法について話しました。多くの場所が、伝統的に、クジラ困窮の傾向を与えられながらマオリ語によってわかるアオテアロアの海岸のまわりにあります。これらの場所と関連する多くの地名、物語と伝統が、あります。

Whales were regarded as a chiefly fish, and when stranded are seen as a gift from Tangaroa (the God of the Oceans). Whales were thought of as somewhat supernatural, they were seen as guardians during the long ocean voyages and were deemed to be tapu, or sacred. This tapu had to be ceremonially lifted by tribal priests prior to their use as food.
クジラは、考えられました主に魚、そして、途方にくれてタンガロア(Oceansの神)からの贈り物とみなされるとき。いくぶん超自然的であるように、クジラは考えられました、彼らは長い航海の間の保護者とみなされて、tapuであると考えられたか、神聖でした。このtapuは、食物としての彼らの使い方の前に、種族の聖職者によって儀式的に持ち上げられなければなりませんでした。


Because there were no land mammals in pre-European New Zealand, Maori regarded whales as a bounteous source of protein, as well as providing meat, oil, bone and ivory. Whale meat was cooked in umu (an earth oven). The importance of whales as food and as a sign of abundance is recorded in carvings on many of the pataka (food store houses) and whare tupuna (ancestral houses) around Aotearoa.
土地哺乳類が予めヨーロッパのニュージーランドにいなかったので、マオリ語はクジラをタンパク質(肉、油、骨と象牙を提供することと同様に)の豊富な源と考えました。クジラ肉が、umu(地球オーブン)で料理されました。食物としての、そして、多量の印としてのクジラの重要性は、アオテアロアのまわりでパタカ(食物店ハウス)とwhare tupuna(先祖の家)の多くの上で、彫刻の中で記録されます。


The aboriginal rights of Maori were secured and guaranteed in the Treaty of Waitangi (1840), which was signed between representatives of the British Crown and the chiefs of the Maori tribes. Whale species were considered a taonga (treasured possession) under the Treaty and Maori were afforded the full exclusive and undisturbed possession of them. Besides the meat and oil being of importance, the teeth and bone were also highly valued. Like other Polynesian cultures, whale bone and teeth to Maori were and continue to be a symbol of high rank and a sign of abundance.
マオリ語の土着の権利は得られて、Waitangi(1840)のTreatyで保証されました。そして、それはイギリスのクラウンの代表とマオリ人族の酋長の間で署名されました。クジラ種はTreatyの下のtaonga(大事にされた所有)と考えられました、そして、マオリ語は彼らの完全な排他的でそのままの所有を与えられました。重要な肉と油の他に、歯と骨は、非常に評価されもしました。他のポリネシアの文化の様に、マオリ語へのクジラの骨と歯はそうでした、そして、上位のシンボルと多量の合図であり続けてください。

At the Hui a Iwi, or meeting of the tribes, convened by the Treaty of Waitangi Fisheries Commission (Te Ohu Kai Moana) in June 1997, several people spoke of the excitement which swept through their communities when news arrived that there had been a whale stranding on their coast. The people would get in their cars and trucks and rush to where the animals lay. Rituals were performed to lift the tapu from the animals so that the people could begin to flense the carcass to recover its bounty. The ancient Maori practice of utilizing stranded whales endured throughout the colonial period but was made illegal in 1978 with the introduction of the Marine Mammal Protection Act.
Huiで、Iwiまたは種族のミーティングは、1997年6月(クジラ困窮が彼らの海岸にあった新聞が届いたとき、彼らのコミュニティを通り抜けた興奮の数人スポーク)に、Waitangi Fisheries委員会(Te奥羽カイモアナ)のTreatyによって開かれました。人々は彼らの車とトラックを入れて、動物があったところに急行します。人々がその恩恵を回復するためにflenseに死体を開始することができるように、儀式はtapuを動物から持ち上げるために行われました。立ち往生するクジラを利用する古代のマオリ語習慣は、植民地の期間を通して持ちこたえたが、海洋哺乳動物保護法の導入で、1978年に違法にされました。

The Marine Mammal Protection Act was designed to make provision for the protection, conservation and management of marine mammals within New Zealand and its waters. The Act outlawed the "take" of marine mammals which included catching, killing, injuring, attracting, poisoning, tranquillizing, herding, harassing, or disturbing whales. It also prohibited the branding, tagging or marking of the carcass as well as the flensing, rendering down or separating any part from the carcass. While seeking to protect marine mammals, including stranded whales, the Act is seen by Maori as another attempt to extinguish their customary and Treaty rights to whales, by making it illegal to utilize them. Not only is access to meat, oil, bone and teeth lost, but the customary practices, or the primary vehicle for the transmission of traditional knowledge from generation to generation, is severed. While Maori are denied the right to exercise their customary rights to whales, they have recently been able to get access to a supply of whale bone, for their carvers, through the Department of Conservation. Some Iwi (tribes) have developed a limited set of protocols with the Department of Conservation so their people can get access to beached whales to utilize the bone and teeth. There are approximately 600 whales strandings annually around New Zealand's coastline. Despite Maori utilizing stranded animals, they remain prohibited from trading internationally in the products (carved bone and teeth) of stranded whales by the Convention on International Trade in Endangered Species (CITES). This is despite the fact that the animals strand naturally and would otherwise be wasted.
海洋哺乳動物保護法は、ニュージーランドとその海の中で保護、保護と海洋哺乳類の管理に対する準備をするようになっていました。法は、クジラを捕えるか、殺すか、傷つけるか、引きつけるか、汚染するか、静かにするか、移動させるか、侵略するか、妨げることを含んだ海洋哺乳類の「取得」を非合法化しました。それもflensingすることと同様に死体の商標を付けること、タグ付けまたは採点を禁止しました。そして、どんな部分でも死体から精製したか、切り離しました。立ち往生するクジラを含む海洋哺乳類を保護しようとしている間、彼らを利用することを違法にすることによって、法はマオリ語によってクジラに対する彼らの慣習的なおよびTreaty権利を消すもう一つの試みとみなされます。肉、油、骨と歯への接近は迷わであるだけではなくて、慣習法は練習する、あるいは、伝統的な知識の伝送の主要な伝達手段は代々引き続いて切断されます。マオリ語はクジラに彼らの慣習的な権利を行使する権利を与えられません、 Conservation部を通して、彼らの彫刻家のために、彼らはクジラの骨の供給への接近を得ることが最近できました。彼らの身内が引き揚げられたクジラへの接近に骨と歯を利用させることができるように、若干のIwi(種族)はConservation部とともにプロトコルの限られた集合を開発しました。およそ600のクジラ困窮が、毎年ニュージーランドの海岸線のまわりにあります。立ち往生する動物を利用しているマオリ語にもかかわらず、彼らは Endangered Species(CITES)でインターナショナルTradeの上で大会によって国際的に立ち往生するクジラの製品(刻まれた骨と歯)を売買するのを禁じられるままです。これは、動物が自然に岸に打ち上げられて、さもなければ無駄になるという事実にもかかわらずあります。


New Zealand is known as an anti-whaling nation at the International Whaling Commission. Maori do not support this view. Maori have on numerous occasions supported the sustainable utilization of whales by other indigenous peoples and coastal communities. In November 2000, Maori invited and hosted the General Assembly of the World Council of Whalers that met in Nelson, New Zealand.
ニュージーランドは、国際捕鯨委員会の反捕鯨国として知られています。マオリ語は、この図をサポートしません。マオリ語は、多数の出来事がクジラの持続可能な利用を他の先住民と沿岸のコミュニティで支えたことを着ています。2000年11月に、マオリ語はネルソン(ニュージーランド)で会ったWhalersの World会議の総会を招いて、主催しました。

World Whaling世界捕鯨 Aotearoa \ New Zealandアオテアロア\ニュージーランド
http://www.worldcouncilofwhalers.com/whaling_around_the_world/aotearoa.htm

World Council of Whalers
Site updated: July 2006
http://www.worldcouncilofwhalers.com/index.htm

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 地域10掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。