★阿修羅♪ > 地域10 > 225.html
 ★阿修羅♪
古都・京都で異彩放つ「プロレス美術館」(夕刊フジブログ)
http://www.asyura2.com/0601/ishihara10/msg/225.html
投稿者 ドキッ!プロ奴隷だらけの水泳大会 日時 2006 年 10 月 07 日 14:09:53: hSNyXCkDoAhxY
 

http://www.yukan-fuji.com/archives/2006/10/post_7189.html

 京都北部の住宅街、古都の風情が少々漂う中に珍妙な美術館がある。外見は普通の一軒家ながら、よ〜く見ると、『プロレス美術館、憩いのリング』との看板が…。

 控えめなのは看板だけ。中に踏み込むや、プロレスのワンダーランドが広がる。真ん中には小さいリングが鎮座し、ベルトやマスクなどグッズであふれ、本棚にはプロレス関係の本がずらり。

あいあつもそこそこに、湯沢利彦館長(42)がいきなりゴングを「カーン!」。見学開始の合図で、ゴングは本物だった。

 それから目の前にある棒を取り上げ、「実際の試合で使われた凶器です。見かけは棒に有刺鉄線を巻いた恐ろしげなものですが、触ってください。針の部分が尖っていないので、見かけより痛くない」と、プロレスの華、乱闘に欠かせない凶器の説明を始めた。インディーズ団体のレザーフェイス選手が使用したものだという。

 その後は、畸人らしく、手当たり次第にグッズを説明する。アントニオ猪木の書き初め、猪木vsアリ戦の30万円と印字されたロイヤルシートチケットなど、お宝は1000点を超える。

 湯沢さんはプロレス誌のライターとして活躍し、一連のグッズは豊富な人脈から寄贈されたり、ギャラだけでは生活できないレスラーから有償で引き取ったりしたもの。平成12年1月1日午前零時にテープカットした同館は入場無料だが、完全予約制。これまでの入場者数は約500人。

 説明途中、突然、湯沢さんはマスクを取り出した。「これはですね、実は私が被るマスクです〜」。少し照れながら言う。額の「憩」の文字も鮮やかな金色マスクは、湯沢さんが自分のために作ったマスクだった。

 湯沢さんは、身も心もプロレスの世界に入り込んでしまった男なのだ。

 「プロレス美術館のモットーは、可能な限り手作りをすること。リングも試行錯誤を重ねて手作りしました。完成までに約200時間かかった」

 「プロレスに付き物なのは流血、そう血でしょう。リングを作りながらそんなことを考えていたら、たまたま指を傷つけてしまい、血がポタポタと流れ出した。『これだ!』と、さっそく流れる血をリングに付けた」

 確かに、リングには血痕が付着していた。

 「それから病院に行ったら、結局4針縫うことになりました」
 病院より自己のこだわりを優先する。まさに畸人の面目躍如である。

(畸人研究学会、海老名ベテルギウス則雄)(2006.09.25紙面掲載)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 地域10掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。