★阿修羅♪ > 地域10 > 248.html
 ★阿修羅♪
高速道計画で地下木簡が危機/「平城宮跡」の調査要求/文化庁に石井議員(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/0601/ishihara10/msg/248.html
投稿者 熊野孤道 日時 2006 年 10 月 21 日 20:02:35: Lif1sDmyA6Ww.
 

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-10-21/2006102104_03_0.html

2006年10月21日(土)「しんぶん赤旗」

高速道計画で地下木簡が危機
「平城宮跡」の調査要求
文化庁に石井議員

--------------------------------------------------------------------------------

 日本共産党の石井郁子議員は二十日の衆院文部科学委員会で、ユネスコ世界遺産に登録されている「平城宮跡」(奈良市)の地下に包蔵されている七世紀中ごろの木簡が、地下トンネルを掘って高速道路を建設する計画による水位変動で、滅失しかねない危機に直面している問題をとりあげました。

 計画されている道路は、京奈和自動車道・大和北道路で、「平城宮跡」地区のバッファゾーン(緩衝地帯)を縦断。市民や文化財関係者から危ぐの声があがっています。

 国土交通省は九月に環境影響評価(アセスメント)準備書を公告。水位観測点が二十カ所以上あるにもかかわらず、観測点ごとの水位変動の数値を示さずに、「地下水位変動への影響は極めて小さいと予測される」としました。

 これに対し石井氏は、「バックデータ(根拠)が明らかにされないまま、影響が少ないという結論だけがある」と批判。事業者である国交省ではなく、「(文化財保護に責任を持つ)文化庁みずからが、(第三者的立場で調査して)意見すべきだ」と要求しました。

 伊吹文明文部科学相は、「文化財は一度壊れたらダメで、よく国交省と協議して、しっかりとやる」と答えました。

 今年八月のユネスコ世界遺産委員会では、平城京を含む奈良の文化財について、環境影響評価の結果報告書を、「高速道路建設計画が翻すことが困難になる決定」(都市計画決定)の前に提出することを求める決議を採択しています。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 地域10掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。