★阿修羅♪ > 地域10 > 324.html
 ★阿修羅♪
“私物化批判”慎太郎逆ギレ「息子ながら立派な芸術家」 [夕刊フジ]
http://www.asyura2.com/0601/ishihara10/msg/324.html
投稿者 white 日時 2006 年 11 月 26 日 00:15:54: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: [石原都知事]海外出張、四男問題、いじめ発言に批判殺到|毎日新聞 投稿者 white 日時 2006 年 11 月 25 日 11:56:56)

□“私物化批判”慎太郎逆ギレ「息子ながら立派な芸術家」 [夕刊フジ]

 http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/ishihara2/story/25fuji320061125009/

“私物化批判”慎太郎逆ギレ「息子ながら立派な芸術家」 (夕刊フジ)
 若手芸術家の育成事業「トーキョーワンダーサイト(TWS)」に石原慎太郎都知事(74)の四男延啓(のぶひろ)氏(40)が深く関与し、公費で欧州出張したことなどについて「知事による私物化」との批判が出ているが、石原知事は24日の定例会見で「情実を感じられるのはきりがない」「息子は立派な芸術家」と親バカな反論を展開した。
 石原知事の肝いりで始まったTWS事業で、延啓氏は平成15年3月に1カ月間、諮問委員を務めた。同月18−26日には都が旅費など約55万円を負担して渡欧した。
 石原知事は「私が(渡欧を)命じたわけじゃない」と断った上で、自身が脚本を書き下ろした「能オペラ」公演に向けて、作曲家との契約トラブルを解決するためだったと説明。
 「四男の紹介で、僕が現代音楽家と会い、能のオペラをやりたいっていうから、シナリオを書いた」と、企画自体が延啓氏から持ち込まれたことを明かし、「息子にも責任があり、説得に行った」と述べたが、「能オペラ」は結局、立ち消えになっている。
 また、文京区のTWS施設のステンドグラスに、延啓氏が制作した原画を採用したことについては、知事が自ら無償で原画制作を依頼したと明かした上で、「(他の画家の原画から)館長以下が選んだ。僕が選んだんじゃない」と主張した。
 さらに石原知事は、延啓氏がTWS事業から手を引く可能性を問われると、「どうしてですか。ほとんど今、ボランティアでやっているんですから。息子でありながら立派な芸術家。そういう芸術家はたくさんいない。余人をもって代え難かったら、どんな人間でも使う」と強く反論した。


[2006年11月25日16時13分]

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 地域10掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。