★阿修羅♪ > 自然災害14 > 168.html
 ★阿修羅♪
1000万人が健康被害に悩む 世界の10大汚染地点を公表(北海道新聞)
http://www.asyura2.com/0601/jisin14/msg/168.html
投稿者 hyoutann島の虻 日時 2006 年 10 月 24 日 11:13:29: 2q4UzZ7DBS4sM
 

1000万人が健康被害に悩む 世界の10大汚染地点を公表  2006/10/19 11:46
 【ワシントン18日共同】環境汚染が最も深刻な世界の10地点を、国際的な環境保護団体ブラックスミス研究所(本部ニューヨーク)が選定し、18日公表した。これらの地域で計1000万人余りが健康被害に苦しんでいるという。
 かつての鉱工業や軍事産業の後遺症と言えるケースがほとんどで、原発事故があったウクライナのチェルノブイリをはじめ、旧ソ連だけで5カ所が選ばれた。
 同研究所は世界300以上の地点から、環境汚染の深刻さや影響範囲の大きさ、健康被害の程度などの観点から7年にわたって検討して選んだ。
 それによると、旧ソ連では放射能汚染が続くチェルノブイリのほか、旧ソ連最初の原爆に使われたウランの精錬工場があるキルギスのマイルースー、製錬所から漏れる鉛中毒が問題になっている日本海沿岸のルドナヤ・プリスタニなど。
 冷戦時代にサリンやVXガスなど化学兵器の生産基地だったロシアのジェルジンスクは男性の平均寿命が42歳、女性は47歳だという。
 アジアでは、中国の石炭産業が集中する山西省の臨汾、皮革工場からの廃液で土壌や地下水の汚染が起きているインドのラニペットが挙がった。
 アフリカではザンビアのカブウェで子どもの鉛中毒、南アメリカではペルーのラ・オロヤで鉱毒汚染が深刻化している。
 同研究所は「多くはあまり知られておらず、政府からも見放されている場所だ。大部分は現在の技術で解決できる」と対応を求めている。
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061019&j=0047&k=200610199947

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 自然災害14掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。