★阿修羅♪ > ニュース情報3 > 236.html
 ★阿修羅♪
元ピンク・フロイドのシド・バレット、死去 [CDジャーナル]
http://www.asyura2.com/0601/news3/msg/236.html
投稿者 white 日時 2006 年 7 月 13 日 10:56:49: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: シド・バレットが死去=ピンク・フロイドの結成メンバー [AFP=時事] 投稿者 white 日時 2006 年 7 月 12 日 16:43:03)

□元ピンク・フロイドのシド・バレット、死去 [CDジャーナル]

 http://music.yahoo.co.jp/music_news/d/20060712-00000004-cdj-ent

元ピンク・フロイドのシド・バレット、死去
 ピンク・フロイドの結成メンバーであり、ソロ・アーティストとしても『帽子は笑う…不気味に』『その名はバレット』という傑作を発表していたシド・バレットが7月7日、自宅にて死去しました。享年60歳。死因は糖尿病に起因する合併症と言われています。
 バレットは、画家を目指し美術学校に在籍中に、旧友のロジャー・ウォーターズと彼の建築学校の同級生であったリチャード・ライト、ニック・メイスンとともにピンク・フロイドを結成。1967年に発表された1stアルバム『夜明けの口笛吹き』は、後のフロイドのアルバムとは異なり、ポップなサイケデリック・ロックの極彩色絵巻。その世界観はまさにバレットの心象風景そのもので、彼が当時、バンドの中心人物であり、バンドをひっぱっていたのは明らか。
 翌年の1968年にデヴィッド・ギルモアが加入、『神秘』を発表するも、バレットは精神崩壊でほぼ解雇という状態で脱退。ウォーターズはそのことをいつまでも気にかけ、バレットをテーマに「あなたがここにいてほしい」や「クレイジー・ダイアモンド」(共に『炎〜あなたがここにいてほしい』収録)、『ザ・ウォール』などの名作を創り上げます。また昨年行なわれた“Live 8”での再結成ライヴ(全盛期メンバー4人で!)でも、バレットに捧げる、として「あなたが〜」を演奏。何年もの間、その行方は謎でしたが、時々病院に入院していた一方、ほとんどは母親と静かな生活を送っていたようです。
 今回の訃報に際し、ピンク・フロイドは「バンドはシド・バレットの死について知り、非常に動揺しており、悲しんでいる」というコメントを発表。またデヴィッド・ボウイも自身のHPに「(悲しすぎて)どれだけ悲しいか伝えられない」とのコメントを寄せています。
 この上ない美貌の下に潜む繊細すぎるほどに脆く危うい弱さと、底知れぬ孤独、優しさ……。そんな彼のすべてを映し出すような声も音楽も、いつまでも私たちの心に残り続けることでしょう。本当に残念です。心よりのご冥福をお祈りいたします。
[ 7月12日 15時25分 更新 ]

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > ニュース情報3掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。